勝浦の町を行く

千葉県の勝浦市に出かけました。房総半島の南のほう。

▲関連記事

山の中の隠れ家みたいな宿に泊まる

エアビーで宿を取りました。山中にひっそりと建つ別荘です。

薪ストーブがあります。炎っていいですね。うちにも薪ストーブ欲しい。マンションじゃムリか。

スーパーで魚介を買い求め、自炊しました。漁港がある町だから、カワハギなどが安く手に入ります。

勝浦の町を歩く

のんびりと薪ストーブで遊んでたらすっかり遅くなり、有名な朝市は終わってましたが、町を歩いてみましょう。

松の湯。千葉県最古の銭湯だそうです。店の裏手では、店主らしきお婆さまが薪の用意に勤しんでいました。

いいですねえ勝浦の町並み。

クラシカルな店屋や住まいだけではありません。新しくできたパン屋さんに行列ができていたので並んでみました。

バゲットとクリームパン、うまかったです。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。