勝浦と御宿の海を行く

千葉県の勝浦市に出かけました。房総半島の南のほうです。

鵜原理想郷を歩く

勝浦湾の西側に突出する明神岬周辺の海岸が「鵜原理想郷(うばらりそうきょう)」と呼ばれています。

駐車場にある地図です。90分もあれば一周できるかな。でも軟弱な都会人にはアップダウンがきつい。次行くときはトレッキングポール持って行きたい。

由来です。

「東京から大臣らを招いては日夜、大園遊会を開催」していたそうです。さすが理想郷。

手掘りトンネルを2本抜けると、そこはもう理想郷。異世界感が漂ってきます。

キョン(房総半島に棲息する鹿の仲間)が普通に草を食べてました。

手弱女平のあたり。

毛戸浦。

海亀の亡骸がありました。甲羅の長さ1メートルぐらい。

黄昏の丘。

地形的に、勝浦の他の地域から隔絶されていて、そのせいで異世界感があるんでしょうね。「理想郷」と名づけたくなるのもわかる。

印象深いところでした。装備を整え、時間をしっかり確保してまた来てみたい。

御宿の海岸を歩く

御宿の海岸も、歩いてみました。

昨年訪れた「かね八寿し」がうまくて、再訪してみたらなんと臨時休業。残念。

▲関連記事

しかたなく、海岸を散歩。

12月半ばなのに、春のように暖かい日でした。

江ざわの勝浦タンタンメンを食べる

しかし腹が空きました。勝浦タンタンメンの有名店、江ざわが宿の近くなので、訪れてみたら。

ピークを過ぎていて、10分も待たずに入店。チャーシュー坦々麺にありつけたのでした。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。