ラムダッシュES-LS9Nをレビューする

ひげと頭(スキンヘッドにしています)を剃るため、ラムダッシュのシェーバー、ES-LS9Nを買いました。

6枚刃と密着5Dシステムが特徴の、2021年4月に登場した新しいシリーズです。

2週間使ってみたレビューを書きます。

スキンヘッドに最適なフィリップスからラムダッシュに乗り換えたわけ

ひげと頭を剃るには、これまでフィリップスの9000シリーズを5年以上使ってきました。

▲関連記事
▲関連記事

フィリップスの剃り味に不満はありません。スキンヘッドにはフィリップスが一番いいと今でも思っています。

しかし、その前に使っていたラムダッシュも悪くなく、新型の6枚刃がどれほどなのか興味が湧きました。また、長年使ってみて、フィリップスの弱点にも気づいたため、乗り換えました。

フィリップスは洗浄機がダメなんじゃないか

フィリップスの弱点とは、洗浄機です。買ってから1年ほどで洗浄されなくなり、保証で交換してもらいましたが、その交換品も洗浄力が弱いのでした。

フィリップスを使っている友人からも「洗浄されない」という話を聞きました。個体差でなく、全体的に洗浄機が弱いのかもしれません。

あごやほほよりも広い面積の頭皮をスピーディーに剃るのに、フィリップスは最適なんですけどね。

ラムダッシュを2週間使ってみて

6枚刃の新型ラムダッシュ、登場時はなかなかのお値段で買うのに躊躇してましたが、いつの間にか3万円台中盤になっていて、さらに今なら5000円キャッシュバックされる(2022年1月10日購入分まで)ということで、買ってしまいました。

電気シェーバーって、いわゆる「往復型」(ラムダッシュやブラウン)は音と振動が大きく、回転型(フィリップス)は小さいです。フィリップスは機械としてスマートですね。

ラムダッシュは甲高い音で、振動もそれなりに大きいですが、それでも以前よりおとなしくなったな、という気がします。気のせいかな。

6枚刃の剃り味は、とてもいいです。

あごの下や、耳の周辺の剃り残し。長めのくせ毛になってしまうことがありますが、ああいうのもサッと剃れます。

ヘッドの面積が大きいので、頭部も素早くそれます。「密着5Dシステム」という首振りの仕組みが優れていて、広いヘッドがほほや頭皮に吸い付くように追従するのが気持ちいいです。

これまで、3つのヘッドが頭皮に密着するフィリップスがスキンヘッドには最適だと思ってましたが、もうラムダッシュも遜色ないかも。

剃ったひげクズの戻りは? 刃の耐久性は?

フィリップスの優れている点のひとつに「ひげクズが戻らない」というのがあります。

剃って微粉になったひげクズが肌につくのは不快ですが、フィリップスはあれがほとんどないのです。ラムダッシュも、ブラウンも、これがイヤなのです。

この現象、汗をかく夏でないとわからないので、新型のラムダッシュがどうなのかは、来年の夏に検証してみましょう。

また、以前に使っていたラムダッシュは、刃が破損して穴が開くことが複数回あって、刃の耐久性が低いという印象があるのですが、新型の6枚刃はどうなのかも、今後長期間使ってみて判断します。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。