iPhone13 Pro Maxの落下防止に 最もタフでフレキシブルなストラップを自作する

iPhone13 Pro Max を入手した

半導体不足のせいか、発注から2週間。

届きました。箱がずいぶんと薄い。

大きくて、角ばってて、そのうち落としてしまいそう。

iPhoneにはいつもストラップを自作してます。それを使い始めてから落としたことなし。iPhone13 Pro Max にも作っていきましょう。

ケースはPITAKAのアラミド繊維のタフなやつ

自作ストラップをiPhone本体に固定するため、ケースが必要です。

PITAKAのAir Caseにしました。

アラミド繊維のタフなやつ。

約6400円と高いですが、それだけの品質です。精度が高く、質感もよし。iPhoneケースをあれこれ迷うのがいやで、最初からPITAKAに決めています。

なお、PITAKAには、極薄で軽い(11g)Air Caseと、ちょっと厚くて重くて(23g)鉄板が入っててマグネットであれこれできる「MagEZ Case 2」があります。今回買ったAirは、

手で握るとたわみますが、そのぶん薄くて軽い。

MagEZ Case 2だと全体が鉄板みたいな硬さで、握ってもたわみません。Airより厚いですが、他のケースと比べると十分に薄くて軽いです。

リボンと両面テープで“Ninja roop”を自作する

このケースに自作ストラップを固定します。

材料です。

手芸用リボン。45メートルあるので、ストラップ作るだけなら一生分です。

両面テープは15mm幅を半分に割くと、ちょうどいい感じの幅に加工できます。

強粘着タイプだと分厚くてiPhone本体と干渉してケースが装着できなくなるので、普通の薄いやつにしましょう。

適当な長さに切ったリボンの両端に、両面テープを貼り付け、

こんな感じでケースに貼り付けます。

この仕組みのストラップ、「Ninja loop」という商品名で販売もされてますね。

iPhoneを装着して完成。

隣はこれまで使ってきたiPhoneXsです。1年ほど前にストラップを作り、毎日使い続けましたが、リボンにはほつれさえありません。

こうやって指を通すと、iPhone13 Pro Max のような大きなスマホでもラクに片手操作でき、落とすリスクも低くなります。

とはいえ、iPhone13 Pro Max はiPhoneXsよりかなり重いので、

このへんや、

このあたり、リボンが千切れないかは注意が必要ですね。特に、カメラ側はレンズを守るガードがアラミド繊維でなくプラスチックのようです。負荷がかかって割れる可能性があるかも。

スマホの落下防止策というと、裏面に吸着で固定するリングなどがありますが、かさばる、指を通す位置が固定される、などのデメリットがあります。

リボンを使った自作ストラップだと、かさばらない、指を通す位置も比較的自由です。

そんなわけで、新しいiPhoneを買ったら、同時にPITAKAケースを買って、まずはリボンでストラップを作るわけです。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。