タムロンの20-40mmF2.8がよさそうだ

タムロンがEマウント用レンズ「20-40mm F/2.8 Di III VXD (Model A062)」の開発を発表した。今秋の発売という。

いいなあこのレンズ。

最近、α7IVで動画を撮ることが増えた。

▲関連記事

動画を撮りやすそうな24mmのレンズも買った。

sigmaのこのシリーズ、質感がとてもいいですね。

24mmでの動画は楽しい。しかし、20-40mmだともっと楽しそう。

シグマ24mmf2は重さは360g。タムロン20-40mmは重さ365g。ほぼ同じ重さ。入れ替えもありなんじゃないか。

。でもほぼ同じ重さで20から40mmをカバーというのは気になる。

シグマ24mmは金属鏡胴で、絞りリングもついてて、触ってるだけでうっとりするプロダクツだ。レンズには、そういうのも大事だ。タムロン20-40mmには、そこまでの趣味性はないだろう。

ひとまずは、20-40mmが店頭に並んだら触ってみよう。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。