FE35mm F1.4 GMで撮る

FE35mm F1.4GMを購入しました。とうとうGMレンズ。

最近仕事がストレスフルで、夜中にカッとしてついポチッとしてしまい。

▲関連記事

カメラとレンズは小さいほうがいい

今まで何度かカメラを買いかえてきましたが、結局のところ小さくて軽いカメラが正義だ、という結論に達しました。

大きく重いと、持ち歩きが苦になってしまうのです。

レンズだって、大口径のズームは重いから避けたい。ブラっと散歩して興味をひいたものにカメラを向けてシャッター切るぐらいなら、軽い単焦点で十分でした。

大口径GMなのにこんなに小さく軽いなんて

店頭でα7SIII+FE35mm F1.4GMを手にしておどろきました。

えっこんなに小さくて軽いの? 明るくて、GMレンズなのに?

FE55mm F1.8よりは大きく重いけど。これぐらいなら許容範囲かな。

35mmという画角も絶妙な広さ、あるいは狭さ。

ユーザーの作例を拝見すると、うっとりするようないい写り。

中途半端なレンズをあれこれ買いかえるぐらいなら、はじめから「上がり」のこれ買っておけばいいんじゃないか。

そんなことを考え始めてしまい。

作例など

ここからはとりあえず撮影したFE35mm F1.4GMの作例です。すべて絞り開放、JPG撮って出し。

このレンズの特長のひとつが、AF時は27cmまで、MFなら25cmまで寄れること。最大撮影倍率はAFで0.23倍、MFで0.26倍。

薔薇の花だとここまで寄れます。

咲いた花、散った花の質感がいい。

35mmとはいえ、寄って絞り開放だととてもよくボケます。

35mmは、近しい人とコミュニケーション取りながらポートレート撮るのに最適ですね。

AFは瞬時にビシッと合う。瞳AFも同じく。

座ったままテーブルの料理を撮るとこう。

ボケすぎるのでメシを撮るときは絞ったほうがいいのかも。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。