冷蔵庫をMR-WX60G-Wに買い換えた

冷蔵庫を買い替えたので、メモ書いておきます。

三菱の冷蔵庫MR-WX60G-W。2021年4月発売の製品。6ドア、600リットル。旧冷蔵庫は、日立R-SF55XM。2007年10月の製品でした。

買い替えで最も重視したのはサイズです。幅。設置場所に収まるかどうか。

買ったところはビックカメラ。最安ではないですが、設置工事お見積りというサービスがあったから。大型家電を買う前に業者さんが来宅し、荷を搬入できるか、設置できるかを確認してくれます。

実際にサイズを見てもらって、なんとか収まるだろうということで購入を決意。搬入にあたっては、キッチンの扉を外しておくなどの準備が必要なことがわかりました。ギリギリでおさまって、右扉は全開できないけど、想定内。

限りあるスペースを最大限、有効に使えてとてもうれしい。

この冷蔵庫の特長としては、自動製氷機の部分をすべて取り外して手洗いできること。今のところ、これができるのは三菱のこのシリーズだけなんじゃないでしょうか。

高度な温度管理で、生肉を凍らせずに保管できたり、パンなどを溶ける手前のギリギリの温度で保管できたり、自炊するなら便利な機能がついています。

あと、痛恨のミスをしたので記録。冷蔵庫の買い替えとキッチンリフォームのタイミングが重なったのですが。

▲関連記事

旧冷蔵庫のときにリフォーム採寸し、冷蔵庫を買い替えて、実際にリフォームという流れ。すると、新冷蔵庫が旧より前に出っぱるため、収納の引き出しが干渉することが判明。冷蔵庫を買い替えなくてはならないかも。

結果は、リフォーム業者の親方氏が据付を可能な限り調整してくれて、干渉はするものの実用には問題ない程度になりました。提案力のあるリフォーム業者さんでよかった。ありがとう親方!

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。