梨園を訪れたら今年はもう終わっていた

船橋の名物のひとつが梨です。

梨。キング・オブ・フルーツ。個人的に。

▲関連記事

というか、船橋だけでなく、松戸や白井も梨の産地ですね。北総地域の気候や地質が梨の栽培に合っているとか、なにか理由があるんでしょうか。

郊外をちょっと歩くとそこらじゅうに梨園があり、直売所もあり、シーズンインすると道路沿いに看板やのぼりが立ち並び、にぎやかになります。

せっかく船橋に住んでるんだから、梨園の直売所めぐりをしてみたい。そこでまずは、駅からバスが出ており、比較的アクセスがいい「大庄梨園」に向かいました。

9月末のことです。

こちらによると、

堆肥は手作りし、受粉もミツバチによる自然交配を心掛け、自然に近い形で梨を育てている

とのことで、期待が高まります。

適当なところでバスを降り、ブラっと歩いていきます。大穴という地名、おもしろい。

植え込みの隙間から見えるあれは梨の木でしょうか。

船橋の郊外、ちょっと散歩するだけで趣があり、飽きません。

趣がありすぎる。

着きました。

直売所。あ、閉まってるのかな。

あー、終わってたか。

しかし9月19日とはずいぶん早いですね。今年は天候不純で梨の出来が悪いとは聞いていましたが。

ということで、梨園めぐりは来夏に。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。