京成海神駅から千葉地方法務局船橋支局を経て東船橋駅まで歩く

法務局に用事ができた。暖かいし、駅から歩いてみよう。

海神駅から千葉街道に出て法務局まで

▲海神、とは妙な駅名ですね。由来あんの?

日本武尊(やまとたけるのみこと)が、当地へ賊徒平定にやって来たとき、海上に光り輝く船があった。

 近づいてみると、柱に神鏡がかかっており、それを浜に持ち帰り、祀った場所が海神である。

船橋市公式

へえー。

▲ざっと見回したが神鏡は見当たらない

▲駅前の本屋

▲駅を出て南へ

下り坂を3分も歩けば千葉街道に突き当たる。左へ。

▲なんの店でしょうね

▲複雑な交差点

道は総武線を回避するため、陸橋となる。

▲千葉地方法務局 船橋支局

線路を越えれば目的地。4分程度で用事はすんだ。

来た道を帰るのも面白く無いので船橋駅まで歩いてみるか。

千葉街道から東船橋駅まで

千葉街道を北へそれて、船橋駅を目指す。

▲いい

▲海神稲荷神社

公園と合体した神社。

▲民家の中にも鳥居

なぜみんなこれほど鳥居が好きなのか。

▲木の建築はいい

▲また鳥居

船橋の民は特に鳥居が好きらしい。

▲あの高架は京成線

もうすぐ船橋駅。

▲JR船橋駅前

左手の建物は西武百貨店跡。2018年2月、50年の歴史を終えて閉店した。跡地にはマンションと公共施設の複合施設化が検討されている。

駅に着いてしまったが、身体も暖まってきたし、盛り上がってきた。もう少し歩いてみよう。

▲大衆酒場の増やま

総武線沿いに東へ。赤提灯に吸い込まれそうになるが我慢する。

▲新海老川橋

この日は3月16日だったが、暖冬のせいで海老川沿いの桜はつぼみが膨らみつつあった。もう咲いてるころだろう。

今年はどうも冬が無かったような感覚で、春が来たという季節感も薄い。

東船橋駅まで歩いた。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。