新春の船橋郊外を散歩した

酒を飲み、なにかを食べる。

新年に飽食したら、ぶらりと散歩しよう。

船橋様式の屋敷に見惚れる

船橋の郊外に住んで数年。同じ日本でも、生まれ育った大阪とは町の風景が全然違う。

こんな屋敷が、現役で稼働している。素晴らしい。

勝手に「船橋様式の屋敷」と呼んでいるが、ちょっと歩くとこういう屋敷はけっこうある。

土地買って船橋様式の屋敷を建てて住んでみたい。しかし、もう建てる技術は失われているんだろうな。

住宅地と路地 農地と廃屋

船橋市北部は、住宅地が延々と続き、その間を細い路地が枝のように伸びている。住宅にはほぼガレージがあって、みんな車に乗ってるから、道路は混雑する。

こんな大きなキャンピングカー、船橋の道路は走りにくかったろう。

山の中、というわけではないのだが、いきなり原野のような風景が現れる。

空が青い。

廃屋があり、

巨大な重機が停めてあり、

また用途不明の建造物が現れる。

「ほほう」「あれは」などとつぶやきながら歩いていると、あっというまに日が傾いている。

非日常的な日常を味わう

畑と、墓地と、駐車場が入り組み、

小鳥がさえずる。

水田が広がり、

謎の植物の実がうち捨てられている。

異界に迷い込んだのか。

いや、現世か。

しばらく観察したが、この廃車をなにに使っているのか、とうとうわからなかった。

船橋様式の塀を鑑賞する

船橋には梨園が多い。そこら中にある。

船橋様式の見事な屋敷。このカットだけだと江戸時代の風景といっても通じそう。でも令和。

屋敷自体はもっと豪壮なものはあるが、この塀は他では見かけない。

美しい。維持するコストも大変なはず。

古い屋敷に、比較的新しい家屋を継ぎ足しているのかな。

梨園の販売所。

数十分歩いてもコンビニを見かけない

というか、

数十分歩いても、コンビニもスーパーも見かけない。

どうなってるんだろ。

日が暮れる。

C3。

帰るか。

よく歩いたね。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。