猫カフェで猫と遊ぶ 帰り道でさらにノラ猫と遊ぶ

妻も私も猫が大好きなので、猫カフェというところに行ってみた。

ついでに、その帰り道に愛想のいいノラ猫がいて、たっぷりと遊んできた。

ブラシでひたすら猫をなで続けるという幸せ

入店すると貫禄ある老猫がスウと横に。

ブラッシングしまくろう。壁に貼ってある名簿を見るとお年寄りで歯が一本しか無いそう。

黒い子猫に胸がときめく

おじいさん猫にブラッシングしていたら黒猫がよってきた。

いい。

しかしすでに散々遊んだ後なのか。オモチャを振り回しても反応が鈍い。

子猫とオモチャで遊ぼう

そこへやってきた茶色氏。

しっかり遊んでくれた。

店員さんにしか身をまかせない猫。

最後までダラダラし通しだった老猫。

猫カフェの帰りにノラ猫と遊ぼう

猫カフェからの帰り道。

いつも遊んでくれるノラ猫(地名をとって「ハチ」と読んでいる)と遭遇。

ハチ氏、高い塀の上で休憩中だったが、

我々を認識すると立ち上がって降りてきた。

このへんのノラ猫、近寄るとだいたい逃げていくんだけど(ノラ猫ってそういうものか)、ハチ氏は愛想がいい。

愛想がいいから飼い猫なのかな?

通りすがりのおじいさんに聞いてみたら、もとともノラだがそこの○○さんに飼われてるんだよ、とのこと

では帰りますねハチさん。

ニャーン

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。