岩瀬酒造を訪問し 海女の群像に感動する

千葉県御宿町の酒蔵、岩瀬酒造を訪問した。敷地内にはギャラリーがあって、酒造の先代社長が撮影した海女たちの写真を見てきた。

▲関連記事

300年日本酒を作り続けている酒蔵

外房線に乗り南下すれば、御宿駅の手前で茅葺き屋根の建物が一瞬見える。それが岩瀬酒造の社屋だ。

享保8年、1723年の創業。300年近い歴史だ。現在の社長は11代目。御宿の町を歩いた時もそうだったが、古いものが現役で生きていて、時間の概念が変わる。

なお、事前に予約すれば蔵に入って見学や、試飲できるそうなんだけど、このときは受け付けていなかった。残念。

社屋の梁は400年前の船の帆柱

御宿駅から10分も歩けば着く。会社名が岩瀬酒造、作っている酒の名前は岩の井。

茅葺の社屋。

この建物の梁は、慶長14年、1609年に御宿沖で難破したサン・フランシスコ号の帆柱が使われている。

1609年? 関ヶ原の戦いの9年後? まだ徳川家康生きてるよね。

ちょっとそのへん歩けばこんな歴史的な遺物に出くわすから、日本という国はおもしろい。

機械が動き、従業員さんが時おり通りかかる。時間の流れがゆるい。

なお、敷地内に売店はあるが、御宿のあちこちのスーパーやコンビニで岩の井は売っている。

母屋裏の洋館で海女の写真を鑑賞する

母屋の裏に洋館があって、昔は病院だったそうだ。

現在は、岩瀬酒造の先代社長、岩瀬禎之氏の作品を飾ったギャラリーとなっている。

氏は御宿の海女を撮影し続けた写真家だった。

作品はどれも素晴らしい。

岩瀬氏の代表作となる写真集「海女の群像」は何度か再販されてて、現在でも入手できるようだ。

この洋館自体もいい雰囲気だ。訪問者ノートを読めば、これで訪問は3回目です、みたいな書き込みもあって、その気持ちもわかる。

created by Rinker
Picnicjapan(ピクニックジャパン)

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。