「麺許皆伝」の富士吉田うどんを噛みしめる

山梨県富士吉田市に出張に出かけた。ならば、ランチは名物の「富士吉田うどん」を食してみたい。我々は、うまいとうわさのうどん店「麺許皆伝」に車を走らせた。

麺許皆伝はどこにあるのか

麺許皆伝は、富士吉田市街にある。

住所は山梨県富士吉田市上吉田849-1。(この住所をグーグルマップで表示すると地番が「1丁目849-1」と補正されるのだがなぜだろう?)

▼着いた

急いで入店したのでこの写真は店を出たときのもの。すでに暖簾がしまわれている。我々のちょっと後の来店者は売り切れで入店できなかった。

ああよかった。

欲ばりのつけうどんを発注する

▼メニュー冷

▼メニュー温

悩んだが、天気が良く汗ばむほどの気温だったので「欲ばりのつけうどん」を選んだ。

同行した妻は肉冷やしうどんを。

初めての富士吉田うどん

▼来た

極太の麺。茹でたキャベツ。醤油と味噌ベースの塩気の強いスープ。甘辛く煮た肉。

▼艶を放つ麺

これが富士吉田うどんのフォーマット。話に聞いてはいたが、食べたことのない異質さを目の前にし、驚く。

箸で麺をつまみ上げて、さらに驚いた。

コシの強い麺を噛みしめる

▼コシの強い麺

麺がかたい。一本が長いので箸で切ろうとしてみたが、切れない。スープにつけて、口に入れ、噛みちぎる。

コシが強い。食品として成立するギリギリの強さ、硬さといっていいか。私も妻も、歯ごたえのある食べ物が好きなので、夢中になって食べた。

噛めば噛むほど小麦のうまさが溢れ出す。茹でキャベツ、甘辛い肉、塩味が強いスープ。すべてがコシの強い麺とマッチし、富士吉田うどん、という独自の食文化を形成しているのだった。

替え玉(100円)まであるのか。富士吉田の民に少し羨望さえ覚えつつ、我々は店を出た。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。