「大衆酒場 増やま本店」で飲み食いした

自宅では禁酒してるんだけど、無性に酒が飲みたくなる日がある。

日が暮れる。そういえば、訪れたい酒場があるんだ。「増やま本店」。

JR船橋駅を目指す。

本店は大きいから並ばずに座れる

増やま本店はJR船橋駅の北口側にある。

南口側にも店があって、そちらのほうが古い。人気店だが小さくて、だいたい満席だけど。

でもじっくり腰を落ち着けるような店ではないから、客の回転は早い。

本店は今日が初めて。少し待つことになるかと思いきや。

金曜の晩。ほぼ満席だが、座れた。南口店の数倍はキャパがありそう。

私が座った後にきたお客は、しばらく立って待っていた。

二品を一皿に重ねたから「かさね」

▼かさね。

「もつ煮込み」と「肉豆腐」という別々のメニューを、一皿に重ねたから「かさね」。

すぐに出てくるうえに、美味い。

ビールが進む。

▼こはだ酢。

美味いなあこれ。またビールが進む。

真っ赤なかき揚げで酒が進む

▼紅生姜かき揚げ。

カウンター向かい側の酔客が真っ赤ななにかをかじってて、あれはなんだろうとメニューを確認し、これだろうと注文してみた。

紅生姜って、調味料に近い。それ自体を味わうようなものではない。なのにそれだけをかき揚げにしてしまった一品。

揚げたてのアツアツをガリガリとかじる。辛い。唐辛子の辛さではない。

生姜の辛さ。塩辛さ。油で揚げることで水分が抜けて倍増している。

ビールで洗い流す。崩れた紅生姜を箸でつまむ。暴力的に辛い。なぜこんなに辛いのに食べてしまうのだろう。酒が進まざるを得ない。

ビールでなく、強い酎ハイが圧倒的に合いそう。

飲んで食ったらさっさと退散する

▼〆さば。

美味い。増やまは魚が美味い。

さて、もう少し飲もうかと思ったが、紅生姜で酒が進みすぎた。隣席の紳士のタバコも目にしみるし、立って待ってるお客もいるし、さっさと退散しようか。

滞在時間20分ほど。ビール3杯を吸引してしまったので酔いが強い。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。