ル・パティシエ・ヨコヤマのケーキを食べよう

京成大久保駅を降り、西へ5分ほど歩くといつも賑わっているお菓子屋さんがある。

そんなに美味いの? 買って食べてみた。

警備員が交通整理するほどのお菓子屋さん

そのお菓子屋さん、郊外の住宅街にあるんだけど、休日は警備員さんが交通整理をするほど賑わっている。

調べてみると、ル・パティシエ・ヨコヤマという有名店だった。

こちらは京成大久保店で、谷津にも店がある。先日記事を書いた谷津干潟からほど近いところ。

店主の横山氏はテレビ東京の「テレビチャンピオンケーキ選手権」を三連覇したパティシエ。名物は岩シューで、2店舗合わせて1日に1200個売れるという。

なんだか凄そう。行ってみよう。

平日なのに名物岩シューは売り切れ

2020年2月、初めての訪問。

▼来た

▼平日午後早め。人だかりはないが店内は混んでいた

▼岩シューは売り切れ

10時に店が開いて、1時間で売り切れてしまうそうな。

しかし、岩シューでなくとも、店内には美味そうなお菓子がいっぱい。ケーキを2つ買ってみた。

店員さんの丁寧な接客に、気分良く店を後に。

苺のパリジャンを食べてみる

▼苺のパリジャン

岩シューがないから似たようなのを選んだ。手が込んでるぶん、値も張る。

▼どれ

なにこれ!?

バリッとしたシュー、新鮮な苺、濃厚な生クリーム、バニラ香るカスタードが合わさり、美味い。あまりのうまさに笑う。

一瞬でなくなった。

アルハンブラーを食べる

▼アルハンブラーというケーキ

普通のチョコケーキかな、と思うじゃないですか。

▼スポンジにラムレーズンとナッツを混ぜ、チョコをかけた構造か

このスポンジが不思議で、今まで食べてきたスポンジではない。自分の中で、スポンジの概念が書き換えられた。

ラムレーズン、ナッツ、スポンジ、チョコのバランスが最高。チョコケーキというと、チョコのビターさで力押しするものだと思っていたが、こういうのもあるのか。

谷津ロールを食べる

2020年7月、再びル・パティシエ・ヨコヤマへ。

▼谷津ロールを入手

谷津とは習志野市の東京湾岸部あたりの地名。その名を冠したロールケーキだ。

▲関連記事

▼箱を開ける

▼クリームとスポンジだけのシンプルな構造

▼箱から出してカットするだけで形が崩れるほど柔らかい

▼ふわふわでロールケーキの概念が書き換えられる

スポンジとクリームが合わさり、口の中で溶けて消えていく。毛ほどの抵抗もなく、スルスルと入る。

飲み物に近い。妻と二人で、あっという間に1本食べてしまった。

  • 2020-02-09初出
  • 2020-07-04追記

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。