関東最東端の地 犬吠埼を訪ねる

銚子市に出張し、犬吠埼に宿泊した。

地図で見ると、銚子は千葉の最も東に位置している。そのさらに最東端の、太平洋に突出した岬が、犬吠埼だ。

▲関連記事

絶景の宿 犬吠埼ホテルに宿泊

▲銚子では「絶景の宿 犬吠埼ホテル」に宿泊

フォーマット通りの、古き良き観光ホテルだった。建物は古めだが、部屋は改装されて新しい。スタッフ諸氏も終始にこやかで、居心地がいい。

▲敷地内にペンギン

敷地内ではペンギンが飼育されており、生き物好きな妻のテンションが上がる。

そして、名前に「絶景」とわざわざ入れるほど、このホテルは部屋からの眺めが良いらしい。どれほどなのか。期待がふくらむ。

ホテル窓から

ホテルの窓から。犬吠埼を一望できる。素晴らしい。

手前のピンクの建物は何か。気になる。老朽して廃墟っぽい。観光地の廃墟は、かつての賑わいを想像でき、味わい深い。

しかし外壁工事の足場を組んでいるので現役なのかな。明日訪ねてみよう。

▲朝食

食事は美味かった。夕食のまぐろが特に。

朝食はビュッフェで、4度ほどおかわりした。自分で焼くサバが最高だった。朝食会場には祭囃子が流れ、1日のスタートの気分を盛り上げてくれる。

あと、このホテルは温泉が最高。湯は塩気を含み、海のそばの温泉であることを実感する。露天風呂で潮騒を聴きつつ、灯台を眺めることができるのもいい。

犬吠埼マリンパークは再開工事中だった

▲犬吠埼ホテル裏手

朝食をいただく前に、海岸に散歩へ。

▲犬吠埼を見下ろす
▲水郷筑波国定公園となっている
▲犬吠埼マリンパーク

部屋から見えた建物は「犬吠埼マリンパーク」というらしい。検索すると、Wikipediaの記事がヒットする。

水族館だが、2018年1月31日に閉鎖した。そいつは残念。しかし2019年8月1日に再開に向けての補修工事が決定したとか。

街を歩き、興味を引いたものを調べつつ歩いていると、時間があっという間に溶けていく。

犬吠埼灯台を見上げる

▲灯台をめざす
▲犬吠埼灯台
▲門前の白いポスト

犬吠埼灯台は、日本を代表する灯台の一つだという。

初秋の犬吠埼海岸をブラブラする

▲灯台の横を抜けて海岸に
▲階段から灯台を見上げる
▲秋らしい雲
▲灯台を振り返る
▲初秋なので風は温い
▲緑が豊か
▲様々な植物が自生している

静かで、美しい岸辺だった。この先は太平洋だというのがうそみたい。また来たい。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。