南極観測船しらせとサッポロビール千葉工場のコラボツアーに参加した

千葉県船橋市高瀬町の京葉食品コンビナートに、サッポロビール千葉工場がある。そのすぐそば、南岸壁に、3代目南極観測船しらせが係留されているという。

で、しらせとサッポロビールを一度に見学できるツアーがある。そんなおもしろそうなの、参加せざるをえない……!

▲船橋市公式のしらせのページ
▲サッポロビール千葉工場公式の工場見学ページ

参加には予約が必要。1人1,000円。南極観測船とビール工場を一度に見学できるという、ここ船橋市でしか実施できないツアーだからか、予約は埋まりがち。

サッポロビールの送迎バスでしらせへ

津田沼駅前から無料の送迎バスで30分ほど。

サッポロビール千葉工場に到着。もうすぐ31周年という。

受付を済ませたら、しらせへ案内される。

3代目南極観測船しらせ。正式には、退役後に「SHIRASE」と改名された。

SHIRASEに乗り込もう

SHIRASEに乗込む。先頭のオレンジ色のシャツの方に案内していただく。退官した元自衛官で、実際にしらせで南極に行かれた方もいた。

乗り込む。旅客船ではないので、扉は狭く、階段は急。そういったところも楽しみたい。

スクラップになるところだったしらせ あの出来事のおかげで助かった?

乗船したら、まずは会議室で軽くSHIRASEの解説がある。

  • 日本で3代目の南極観測船
  • 全長134メートル、全幅28メートル、3万馬力
  • 就航1983年、退役2008年
  • 日本と南極との間を25往復した(昭和基地への接岸は24回)

など。

で、退役後、行き場が無くスクラップとなる運命に。……しかしリーマンショックによる鉄くず価格の下落で、解体しても赤字ということでしばらく放置。そうこうしているうちに株式会社ウェザーニューズが引き取ることになった。

よかったねしらせ……!

南極観測員の生活に触れてみよう

それにしてもSHIRASEは大きい。なぜこんなに大きいのか。さっそく見学開始だ。

まずキッチン。キッチンから大きい。

こんな大部屋が複数ある。現役時の乗員の生活のようすも写真で展示されていて、なんだか楽しそうだった。

寝室。

病室。日本を出港して帰ってくるまで、151日間。約5ヶ月。当然、病人も出るだろう。

簡単な手術ぐらいなら船内でできた。そうでない場合は、最も近い病院があるケープタウンまで患者をヘリで空輸することもあったという。

歯科室。当然、歯医者も必要か。

理髪屋さんもある。当然必要か。

とはいえ、お医者さんのように、正規の理髪屋さんまで南極に乗せていく余裕はない。出港前に、理髪担当の自衛隊員が、街の理髪屋さんで数日間だけ修行したという。タイガーカット(虎刈り)とはシャレが効いてる。

船員の部屋。

多数の船員が5ヶ月生活するわけで、その最低限を丸ごと船に積まなければならない。だからSHIRASEはこんなに大きいのか。

ヘリポートや救命艇を見る

甲板に出た。ここはヘリポート。2トンほど積める大型ヘリを2機、観測用の小型ヘリを1機、搭載していた。

ヘリ格納庫。

吊り下がっているのは緊急時の救命艇。乗り込んだらフタが閉まり、水は入ってこない構造。バッテリーなども積載している。実際には活躍する機会はなかった。

上のほうにある 観測小屋。南極近くになると氷に覆われ、側面のハシゴは役に立たない。内部に昇降用の階段がある。

船橋(ブリッジ)から船橋の海を眺める

船橋。ブリッジ。ロマンがある。

あっ、向こうにあるあれ!

ロマン度マックス。ハンドル。ホワイトベースにもこんなのあった。

南緯55度を超えると手当がアップ! するので大事なことらしい。

ブリッジから東京湾を望む。スカイツリーが見えた。今回は見えなかったが、富士山が見えることもあるという。

しかし南極では視界一面の氷。厚さ1.5メートルまでは普通に船は進むが、それ以上になると氷が割れず、船は止まる。止まると、数十メートル下がって、前進して勢いつけて氷を割る、というのを繰り返して船は進む。朝も晩もそれをやる。乗ってる人、大変……!

退役後も活躍を続けるSHIRASE

さっきの観測小屋を反対から。

メンテ中。

というわけで、想像以上に楽しかったSHIRASE。70分ほどのツアーだが、正直ぜんぜん時間が足りない。もっと見たい。

▲SHIRASE公式の案内

1日がかりでSHIRASEを体験するイベント「チャレンジングSHIRASE」というのもあるそうで、ぜひ参加したい。

サッポロビール千葉工場を見学する

SHIRASEの見学後は、サッポロビール千葉工場へ。全体的に光が弱く、撮影に適しておらず、いちばんの見どころであるパッケージングの設備は撮影禁止なので写真は省略。

見学後はいよいよビールの試飲。ビール工場で飲むビールはなぜこんなに美味いのか。ビールそのものは同じものらしいが。鮮度とか、注ぎ方とか、違うのだろうか。

というわけでとても楽しめたSHIRASEとサッポロビール千葉工場のコラボツアー。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。