メタノートで思考を整理する

頭脳にひらめく、思考の火花をとらえて、形にしたい。それは、ブログのネタになったり、商売のアイデアになったりするから。

火花は瞬時に消える。それが発生したとこさえ忘れてしまう。だから、丹念にすくい取り、テキスト化して残す。見返して、整理して、育てる。そうまでして、やっと成果物としてアウトプットできる。

思考を、もっとアウトプットしたい。そのために、メタノートを作ることにした。

3回書いて整理する 「思考の整理学」から

まずはなんでも手帖に書く

外山滋比古が「思考の整理学」で、メタノートについて述べている。

次のようなものだ。

まず、手帖になんでも書く。具体的、即物的な思考。見聞きしたこと。

それらを後で見返す。死んでいるのもは捨て、脈があるものはノートへ書き写す。

生きたアイデアをノートに書き移す

ノートに書くのは、

  • タイトル
  • 手帖に書いたことを箇条書きに
  • ノートに写した日付
  • 手帖のときの番号

だ。このノートは原稿や講演のネタとなる。

さらにメタノートに書き移す

ノートのうち、おもしろくなってくるものは、メタノートへ書き写す。

メタノートには、

  • タイトル
  • ノートのときの番号
  • メタノートに移してから気づいたこと
  • メタノートに移した日

を書く。

▼「思考の整理学」より

メタノートに書いたことは、重要で、長期的に自分が興味を持つことであるはず。

私のメタノート

B5キャンパスになんでも書く

思考を書きとめて整理する。これを全部システム手帳でやろうとしてきたが、ちょっとムリがある。

実際には、B5ノート使ったり、部分的にiPhoneでメモしたり、Macでアウトライナーつかったり。

これを「思考の整理学」にならい、次のように体系化してみることにした。

第一次的なメモはB5ノートと、iPhoneで。

思いついたらB5のキャンパスノートに書いている。iPhoneにもメモするが、B5に書くほうが思考が広がり、メモが増える。

生きたアイデアはworkflowyへ

B5はたまに見返し、これいいじゃない?というのはアウトライナーのworkflowyへ書き移す。思考の整理学でいう「ノート」に相当する。

workflowyでは、かなり編集できてしまう。これがいいのか悪いのか。

「思考の整理学」では、具体的、即物的な思考から、同種を集め、整理し、関連づけ、さらに同種のものの間で昇華させる。抽象化していく。これが思考の整理だ、と述べている。

また、情報をメタ化、さらにメタ・メタ化させる、とも。

そういう意味では、デジタルのアウトライナーをはさむのもいいんじゃないか。

システム手帳でメタ化する

workflowyはたまに見返し、編集する。ブログのネタになったり、商売のアイデアになったりする。それでおわってもいい。十分だ。

しかし、さらにまだ何かになりそうな項目が出てくる。

そういったものはシステム手帳のリフィルに書き移す。これがメタノートだ。

デジタルの情報にしたものを、また紙に書く意味があるのか。システム手帳が好きだから趣味でやってる、というところもあるんだけど。

このメタノートは、B5ノートに書きとめた、思考の瞬間の火花のうち、消えずに燃えはじめたものを、アウトライナーに集めてこねくり回しているうちに、形がかたまってきたものだ。

相当な覚悟を持って、紙に書き移している。実はまだ、数が少なくて、その効果はわからない。適当に「これはいい」とは言えない。

「思考の整理学」には、メタノートはいつも見返すものじゃないよ、忘れてしまっていいんだよ、と書いている。どんな効果があるのかは、これから書き溜めて実感できることだろう。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。