ファイロファクス のウィンチェスターみたいなシステム手帳を入手した

システム手帳のバインダーが増えてしまったのでメルカリで処分してるつもりが増えていた。

謎のバインダーが気になるので買ってみたら

メルカリ、とても面白く。

身の回りの不要品を売却してしまうと、次は何が出品されているのか気になる。へえ、そういうのもあるのか。

ファイロファクスのビンテージのバインダーもたまに出てる。やはりそれなりの値段。……と思ってたら気になる出品が。

ノーブランドだからか、ものすごく安い。しかしこれ、どう見てもアレ。ファイロファクスの銘品、ウィンチェスター。失敗してもどうってことない値段だし、買ってみた。

Taurus Lather は80年代の英国製の香り

届いて開封してみると。

ウィンチェスターにしか見えないんですけども。

わざわざビンテージとして買う価値があるファイロファクスは1980年代の英国製だけじゃない?

fILOFAXの名はどこにもない。Taurus Lather MADE IN ENGLAND との箔押しがあるだけ。

しかしこの雰囲気、どう見ても。

表2のポケットの様式も、ウィンチェスターとは異なる。

リングはクラウゼ。ファイロファクスがクラウゼを使ってたことあったっけ?

自分の中ではウィンチェスターとしたい

その長い歴史で、ファイロファクスは様々なコラボしたり、別注品を作ってるから、これもそのうちのひとつかも。

コバは切りっぱなし。ステッチ。断面のカーブ。いい。

決して高級感はない。エイジングを期待するような製品ではない。現場で移動オフィスとして使うための、ひたすらタフなシステム手帳だ。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。