夢を紙に書くとかなうというのは本当だった

夢を紙に書けばかなう、という。本当に? 本当だった。

起業、再婚、広いマンション、20キロのダイエットが、紙に書いたら実現した。

なぜそんなことが起こるのだろう。

夢を目標として挑戦しよう

夢は、書けば目標となる。

富を得た起業家。頂点に立ったアスリート。成功者は夢を紙に書いている。

夢を書いている人の収入は書かない人の10倍だった、みたいな調査結果もある。

ノート術や手帳術の本にも「夢を書けば実現する」ということが書いてある。

しかし、書く「だけ」ではだめだ。夢を目標としたら、次は挑戦だ。夢を目標とし、挑戦するために書く。

その夢は本物かニセ物か

目標は、分割する。2分で実行できるようなタスクにまで分解するといい。

あとは淡々とタスクをクリアするのみ。

たとえば、フェラーリが欲しい、という目標なら。

車体の値段。ローン返済のために必要な収入。維持費。このあたりまで書けば、今の収入と、フェラーリに乗れる収入との差が明確になる。

すると、現実が見えてきて、

「そもそも私は本当にフェラーリが欲しいの?」

と自問することになる。それでもやっぱり欲しいなら、タスクのクリアに取り組むのみ。

それほどまでしてフェラーリが欲しいわけではない、ということに気づくかも。なら、それは夢ではなかったんだろう。妄想とか、ちょっとした物欲だったわけで。

しかし「夢」と思い込んでいたことが実はそうでもなかった、と気づくためにも、書くことの効果は大きい。

本物とニセ物に分ける。これを「夢の選別」と呼ぼう。

夢は不変ではない 変質した「夢」は供養しよう

本当にフェラーリが欲しい。ならば、収入アップの目標を具体化し、日々実行できるタスクにまで落とし込み、それをひたすらクリアしていく日々になる。

何年も、十数年も、ひょっとしたら数十年におよぶ挑戦となるかも。それはもう、人生だ。

目標は不変ではない。目指すうちに、

「そんなに収入増えないわ。フェラーリはムリだわ」

とか、

「フェラーリよりマンション買うほうが先じゃない?」

というように、しぼんだり、変わったりしていく。

しかし、挑戦は無駄ではない。フェラーリを目指したことで、収入も能力もアップしているだろう。

やるだけやったけどダメだった、とあきらめもつく。フェラーリ貯金がマンションの頭金ぐらいにはなるかもしれない。

夢を夢のままで思い続けるより、書いて目標とし、挑戦すれば、あきらめがつく。得ることも少なくない。これを「夢の供養」と呼ぼう。

ダイエット 起業 再婚 広いマンション 書いたら夢がかなった

私の場合だと、次のような夢を紙に書いて目標とし、実現してきた。

  • 20キロのダイエット
  • 独立起業して自由になる
  • 再婚して自分の家族を築きたい
  • 広くて眺望のいいマンションに住みたい
  • 身体の不調な部分を治したい

こうやってリストアップしてみると、人生が大きく変わっていることに自分でもおどろく。すべて、書くことから始まった。まず書かなければ、これらの変化は訪れなかった。

この中でも、特に難しい夢は起業と再婚ではないか。ダイエットは個人で完結するけど、起業も結婚も他者との関係であり、縁や運がからむ。

しかし、成功者は、縁や運さえもコントロールできる、という。

▲関連記事

伝説の営業マン、市村氏は、早起きしてまず書く。書いたメモを、徹底して実行する。その積み重ねの果てに、運をつかめる、と説く。

  • 2020-02-01初出
  • 2020-06-10改訂

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。