再婚 起業 広いマンション ダイエット 手帳に書いた夢が実現した

手帳に夢を書けばかなう、という。本当だろうか。

本当だった。

手帳に書いた多くの夢を、かなえてきた。なぜそんなことができるのか、そのメカニズムを考えてみたい。

書けばその「夢」が本物かニセ物かわかる

さまざまなノート術や手帳術の本を読んできたが、多くの本に「夢を書けば実現する」ということが書いてある。あれは本当だ。

「書くだけで夢がかなうなら苦労しないよ」だって?

当然、書く「だけ」では夢はかなわない。書いてから、挑戦が始まる。書かなければ始まりもしない。

夢は、書いたとたんに夢ではなくなる。長期目標となる。

目標は、いつまでに達成するかを定め、細かなタスクにまで分解できるはずだ。あとは日々タスクをクリアするのみ。

たとえば、フェラーリが欲しい、という夢なら。値段。ローン返済のために必要な収入。維持費。今の収入と、フェラーリに乗れる収入との差が明確になる。

そこまで書いてみると、現実が見えてきて、

そもそも私は本当にフェラーリが欲しいのか?

と自問することになる。やはり欲しいなら、タスクのクリアに取り組むのみ。

それほどまでしてフェラーリが欲しいわけではない、ということに気づくかもしれない。ならそれは夢ではなかったのだ。妄想とか、ちょっとした物欲だった。

しかし、自分で「夢」と思い込んでいたことが実はそうでもなかった、と気づくためにも、書く。

私はこれを「夢の選別」と呼んでる。本物と、ニセ物に分けるのだ。

夢は不変ではない 変質した「夢」は供養しよう

さて、では本当にフェラーリが欲しくて、収入アップの施策を具体化し、日々取り組んだとしよう。何年も、十数年も、ひょっとしたら数十年におよぶ挑戦となるかもしれない。

それはもう、人生だ。

当初は、本当にフェラーリが欲しかった。しかし、夢は不変ではない。

それを目指すうちに、思ったようには収入を増やせないからやはりフェラーリはムリだわ、とか、

フェラーリよりもマンション買うほうが先じゃない?

などと、夢は無くなり、変質していく。

しかし、フェラーリを目指したことにより、少しは収入も能力もアップしているのではないか。やるだけやったけどダメだったわ、とあきらめがつくのではないか。フェラーリ貯金がマンションの頭金ぐらいにはなるかもしれない。

夢を夢のままで思い続けているよりも、挑戦して、やるだけやれば、あきらめがつく。なにか得るところもあるはずだ。

私はこれを「夢の供養」と呼んでいる。

ダイエット 起業 再婚 広いマンション 手帳に書いたら夢がかなった

私が手帳に書いて実現した夢は次のようなもの。

  • 20キロのダイエットに成功した
  • 独立起業して自由になった
  • 再婚して自分の家族を築くチャンスを再び与えられた
  • 広くて眺望のいいマンションに住めた
  • 身体の不調な部分を治療して若返らせた

リストアップしてみると、人生が大きく変わっていることに自分でもおどろく。手帳に書かなければ、これらの変化は訪れず、人生はもっと違う方向に進んでいたのではないか。

あきらめた夢がかなう不思議

当然だが、手帳に書こうが、かなわない夢もある。

選別しても、供養しても、やっぱり本当にフェラーリが夢で、目標設定して日々タスクに取り組んだとしても、上手くいかなくて年収が300万円のままだったらフェラーリは厳しい。

先に書いた私の夢のうち、

「再婚したい」というのは一度はあきらめた夢だ。

かなわなかった。パートナーを得たい、結婚したいという夢は、相手がいてこそ。自己の努力だけで実現するものではない。

ということに気づいてあきらめたとたんに、今の妻と出会い、あっというまに結婚していた。運、あるいは縁だ。

結婚だけではない。先に上げた実現した夢にはみな、運や縁がからんでいる。独立起業にしたって、当初の事業計画なんて甘いもので、見通し通りにはならず、運と縁のおかげでここまでやってこれた。

私はスピリチュアルなことは信じない。それでも自分が強運だとは思ってる。不思議だったが、先日読んだ本にその答えらしきことが書いていた。

▲関連記事

著者は「自分で決めたルーティンを守り続けることが、運をコントロールする重要な要素になるのです」と述べている。

これが答えだ。

夢を実現したく、ひたすら毎日繰り返したタスク、つまりはルーティンが、運を招いた。そのルーティンは、元をたどれば、夢を目標として設定し、毎日の習慣にして、ノートに書いて管理したタスクだ。

夢を書けばかなうというのは本当だ。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。