書くだけで痩せる 「ダイエット手帳」で20kg体重が落ちてリバウンド無し

「ダイエット手帳」を書いてる。書くだけで痩せる。生活リズムが整い、体重が落ちていく。

ダイエットは、食事制限して目標の体重までやせたら終わり、じゃない。食事を含めた、生活リズムそのものがダイエット。一生続く。生活リズムを管理し、ダイエットを継続するためには、紙に手書きして「見える化」するといい。

レコーディングダイエットは挫折したのか

▲ダイエットノートはバイブルサイズのシステム手帳やB5ノートに書いている

記録するだけで1年で50kg痩せたという岡田斗司夫のレコーディングダイエット。その著書「いつまでもデブと思うなよ」は大ヒットした。

しかし氏はその後、リバウンドしてデブに逆戻り。自らレコーディングダイエットを否定するような発言もしている。

レコーディングダイエットは意味がないの?

そんなことはない。実績を記録して見える化する、というのはダイエットのみならず、あらゆる目標達成において王道だ。

レコーディングダイエットは、記録して意識を変え、1日の摂取カロリーを1500kcalにおさえる、というのが一つの到達点だ。リバウンド後に岡田氏は、

  • 食事ごとに強い飢餓感におそわれ苦痛だった
  • レコーディングはやめた

と述べている。リバウンドの理由はこれだろう。ダイエットは食事習慣。「痩せる習慣」を積み重ねれば必ず痩せる。太っている人は、太るための習慣を積み重ねているから太る。いったん痩せても、太る習慣をくり返せば太る。

痩せる習慣を積み重ねるために、記録する。ここに、間違いはない。

オレだっていつまでもデブじゃない

▲生活リズムを記録し続ければ、あなたが「太っている原因」が見えてくる

私の場合、食事を記録してたら

スルスルと20kgほど体重が落ちた。

筋トレとか、ウォーキングをしたりとかも効果あったはずだが「記録」が最も効果があった。

体重と摂取カロリーを記録する。痩せる。そのうち記録が面倒になる。

もういいだろう、カロリーの感覚が身についた、と思って記録を止める。体重が増えていく。これはいけないと再び記録する。体重が減っていく。

ということをくり返しつつ、体重を減らしてきた。

体重とカロリーの他に、体重に関連するのではないかということも記録し始めた。食事をする時間と空腹の時間。睡眠時間。三大栄養素であるタンパク質、脂肪、炭水化物の量など。

すると、見えてくるものがある。

生活のリズムを整え「最適化」すれば体重は減る

▲Excelでやれとも思うが手を動かして書いて考えることに意味がある

Wikipediaによれば、ダイエットは「規定食」という意味らしい。

ダイエットは、名詞としては「規定食」という意味であり、動詞としては美容や健康維持のために、食事の量や種類を制限することである。

Wikipediaより

私的にはダイエットとは「最適な食事」と解釈している。食事を最適化すれば、体重は最適なところに落ち着くはず。

長期間、記録をとって見返し、体重には食事のみではなく、睡眠と運動も関連しているのではないか、という仮説を立てたのだが、よく考えると

「食事」「睡眠」「運動」はボディメイクの三大要素であり、今さら仮説でもない

のだった。

体重のコントロールには食事の最適化が最重要であり、食事を最適化するためには睡眠を最適化するのが近道であり(睡眠不足になるとストレスで食欲が爆発しやすい)、適度な運動もまた、食欲のコントロールにつながる。

健康なカラダ作りの基本が、手帳に生活リズムを記録し続けて、はじめて自分のこととして腹に落とすことができたわけだ。

で、試行錯誤した結果、体重をコントロールしやすい生活リズムは次のようになった。

  • 6時 起床 仕事スタート
  • 12時 1回目の食事
  • 14時 筋トレ
  • 18時 2回目の食事
  • 22時 寝る

この生活リズムを習慣とするのに、何年もかかった。

プチ断食のひとつ、リーンゲインズ(1日24時間のうち食事時間を8時間以内、空腹時間を16時間以上とする食事法)で摂取カロリーを抑えている。

▲関連記事

太っていたころの生活リズムは、朝起きたらまず食べて、午前のおやつを食べて、昼食は近所の安くて美味い中華でごはん大盛りにして、午後のおやつ食べて、晩飯は晩酌しながらダラダラ食べて。

これをノートに書いてみると、起きてる時間の大半を食べることに使っていることが可視化できた。まるで豚みたい。

豚はイヤ! 飢えたオオカミになりたい!

そんな思いで、何年もかけて地道な改善を続けてきたし、これからも改善していく。

自分のクセを把握して改善目標を立てる

▲正直1月は生活リズムがかなり乱れたのでリカバリ中

この生活リズムをマネすれば痩せるよ、というのがこの記事の趣旨ではない。

自分の生活リズムをノートに書いて見える化しよう。「食事」「睡眠」「運動」のボディメイク三大要素を最適化して生活習慣に取り込み、改善し続けよう。そのためには手帳に書いて見返して改善し続けよう。

それがこの記事のテーマ。いったん目標体重を達成しても、生活習慣が崩れればすぐにリバウンドする。だから、崩れそうになったら改める。淡々と整ったリズムで生活する。それだけで体重が減るし、ストレスも減り、メンタルも安定し、毎日が楽しくなる。そのためのダイエット手帳だ。

なお、食事そのものや、なにをどう食べるかについては、パレオダイエットがベストだと考えている。

▲関連記事
▲関連記事

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。