書くだけで痩せる 「ダイエット手帳」で20kg体重が落ちてリバウンド無し

「ダイエット手帳」を書いてる。書くだけで痩せる。生活リズムが整い、体重が落ちていく。

ダイエットは、食事制限して目標の体重までやせたら終わり、じゃない。食事を含めた、生活リズムそのものがダイエット。一生続く。生活リズムを管理し、ダイエットを継続するためには、紙に手書きして「見える化」するといい。

カロリーはアプリで 習慣をシステム手帳で

何を食べてどのくらいカロリーを摂取したのか。三大栄養素はどうか。そういったことは、iPhoneアプリで管理するほうが便利だ。

私はVitalbookというアプリで管理している。

▲関連記事

では手帳に何を書くのか、というと。

▲ダイエット手帳の記入例
  1. 睡眠時間
  2. 食事時間(その日に食べはじめた時間と食べ終えた時間)
  3. カロリーと体重とタンパク質

の、長期的な推移だ。

これらは、体重に直接影響する生活習慣だ。エクセルでやればキレイに出力できるだろうけど、それが目的じゃない。

手を動かして考えるのが重要だから、わざわざ紙に書く。

22時に寝て 6時に起きて 12時に食べ始め 19時に食べ終える

いろいろと試したが、睡眠は22時に寝て翌朝6時に起きるのがベストだった。睡眠時間が不足するとストレスで食欲が増すし、深夜まで起きていると飢餓感が増してカロリーオーバーしやすい。

食事は、12時から19時におさめるリーンゲインズを実践している。午前は空腹だが、不思議と日中は空腹に耐えられる。夕食後はさっさと寝る、というのが理想的な生活リズムだ。

▲関連記事

タンパク質は、私は遺伝的に不足しやすい体質で、足りないと体調が悪化して生活リズムが乱れやすい。だから、1日に150グラム以上を目指して管理している。

▲関連記事

150グラムというのはけっこうハードル高くて、食品だけで取ろうとするとオーバーカロリーとなりやすいので、プロテインを利用している。

睡眠時間、食事時間、タンパク質摂取量。これらは、別々にならアプリで管理できそうだが、すべての要素の長期的な推移を一目でチェックしたいなら、紙に書くしかない。

▲リフィルに書いたダイエット手帳をつなげてみた。上の黒い帯が睡眠時間、中央の赤い帯が食事の時間。こうやって管理することでリズムを保とうという力が働く

レコーディングダイエットは挫折したのか

記録するダイエット、といえばレコーディングダイエットだ。

記録するだけで1年で50kg痩せたという岡田斗司夫のレコーディングダイエット。その著書「いつまでもデブと思うなよ」は大ヒットした。

しかし氏はその後、リバウンドしてデブに逆戻り。自らレコーディングダイエットを否定するような発言もしている。

レコーディングダイエットは意味がないの?

そんなことはない。実績を記録して見える化する、というのはダイエットのみならず、あらゆる目標達成において王道だ。

レコーディングダイエットは、記録して意識を変え、1日の摂取カロリーを1500kcalにおさえる、というのが一つの到達点だ。リバウンド後に岡田氏は、

  • 食事ごとに強い飢餓感におそわれ苦痛だった
  • レコーディングはやめた

と述べている。リバウンドの理由はこれだろう。ダイエットは食事習慣。「痩せる習慣」を積み重ねれば必ず痩せる。太っている人は、太るための習慣を積み重ねているから太る。いったん痩せても、太る習慣をくり返せば太る。

痩せる習慣を積み重ねるために、記録する。ここに、間違いはない。

オレだっていつまでもデブじゃない

私の場合、食事を記録してたら、スルスルと20kgほど体重が落ちた。

太っていたころの生活リズムは、朝起きたらまず食べて、午前のおやつを食べて、昼食は近所の安くて美味い中華でごはん大盛りにして、午後のおやつ食べて、晩飯は晩酌しながらダラダラ食べて。

これをノートに書いてみる。起きてる時間の大半を食べることに使っていることがわかる。まるで豚みたい。

豚はイヤ! 飢えたオオカミになりたい!

筋トレとか、ウォーキングをしたりとかも効果あったはずだが「記録」が最も効果があった。

リズムを整えてリバウンドを防ぐ

▲生活リズムこそすべて

自分の生活リズムを手帳に書いて見える化しよう。食事と睡眠を最適化して生活習慣を改善しよう。

いったん目標体重を達成しても、生活習慣が崩れればすぐにリバウンドする。だから、崩れそうになったら改める。淡々と整ったリズムで生活する。

それだけで適正な体重を維持できて、ストレスも減り、体調が良くなる。手帳に手書きは手間なんだけど、得られるメリットがこれだけ大きいとやらざるを得ない。

  • 2019-02-02初出
  • 2020-05-20改訂

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。