男の手帳の作りかた

PCやスマホの普及で、実用的な道具としてのシステム手帳は役目を終えたようだ。

いっぽうで、趣味の道具として、女性がシステム手帳を使い出した。男も、趣味としてシステム手帳を使っていいんじゃない?

趣味としてのシステム手帳

インスタで「#システム手帳」というタグで検索してみる。ほぼすべて、女性ユーザーの投稿だ。

色とりどりで、華やか。

システム手帳はすでに、実用性は薄い。しかし、モノとしての魅力は失われていない。

「かつてのシステム手帳の熱い時代を呼び起こそう」という志で作られた(と勝手に思っている)システム手帳STYLEという雑誌が毎年末に出るんだけど、そのキャッチコピーの変遷を見てみよう。

▼2016年の第1号

1冊の手帳に知を集積せよ!

▼2019年の第4号

大切なものをHAPPYに集めよう

実際のところ、知を集積するなら、システム手帳はPCやスマホにはかなわない。

趣味として、自分の好きなものを集めるバインダーとして、システム手帳は使われており、そのユーザーは大半が女性なのはインスタで明らかだ。

皮革製品を長期間使い込む 自分だけの道具を作る

皮革製品が好きな男性は多い。

鞄、財布、靴。

そしてシステム手帳も、男が皮革を楽しむためのアイテムとして、カバンやサイフにその魅力は劣らない。

他の皮革製品に無い特徴もある。皮革としてのバインダーに、リフィルの紙、樹脂や金属などのペンを合わせて、はじめて「手帳」として成立する、という点だ。

万年筆や高級ポールペンが人気だという。お気に入りのペンを楽しむため、書くための紙、書いた後の紙をまとめておくためのシステム手帳、というのもいい。

システム手帳は数十年使える。万年筆も、長期間の使用に耐えるだろう。長い期間をともにしたレザーやペン、紙。そこにまた、新たな紙のリフィルを足し、使い続ける。

若いころに使い始めたシステム手帳を60歳になっても使い続けている、というのはカッコいいし、スマホには決してできないことだ。

こんなことを手書きしてみよう

趣味の道具としてシステム手帳を使う。とはいえ、インスタに見る女性的な使いかたは男にはできない。

皮革と紙とペンを楽しむったって、なにすればいいの?

私の場合、スマホでやりにくいことをやっている。

体調管理

カロリーや体重はiPhoneでやっているが、各アプリに散らばった情報を集めて長期的な傾向を把握するために。

▲関連記事

らく書き

ババっとなにかを書く。意味のない線をひたすら書いていることもある。ストレス解消になる。

こういうのは、紙の繊維にインクを染み込ませていくからおもしろい。iPadとAppleペンシルでは意味がない。

スマホのバックアップ

スマホを落としたり壊したりしたときのため。iCloudにバックアップはあるけど、代替の端末を確保するまでタイムラグがあるから。

重要情報を暗号化したものをリフィルに書いている。

読書ノート

Macやスマホでもやってみたけど、見ないんだよね不思議と。

紙のリフィルに書いた読書メモは、10年前のものでもちょいちょいと見返す。

メタノート

▲関連記事

長期目標の管理

人生100年時代。長期目標でもないとヒマでやってらんない。

▲関連記事

老ファイロファックスユーザーがクールでカッコいい

使い込んだ手帳を見るのが好きで、検索してたらフリッカーのグループ、Filofax – The Official Flickr Groupというのを見つけた。

そこに写真を投稿しているGeorge Redgrave氏のファイロファックスのつかいっぷりがカッコよすぎる。

カッコいい。使いこんだ道具の持つ迫力。美しさ。これぞ男の手帳だ。

スクリーンショットの右上の写真は、Redgrave氏が手帳の最初のページにはさんでいるもので、13年前に亡くなった奥さんだそうな。それにしても、お年を召して視力も落ちているはずだが、極小の字を丹念に書き込んでいる。

つかいたおしたウィンチェスターはカッコいい

▲使いこんだシステム手帳の特集として、Free & Easyの2012年6月号が見ごたえある。

表紙からド肝を抜かれる。ウィンチェスターかな。

▲目次にもウィンチェスターが。

▲「男の人生をサポートする静物(モノ)たち」。カッコいいコピー。

▲30年使いこんだサザビーのバインダー。崩壊しそうというか、崩壊がはじまっててサイコーにカッコいい。

▲ヤレたバインダーと、シンプルなボールペンと、すり切れて汚れたリフィルの組み合わせがいい。

▲表紙のウィンチェスターか。

一度選んだ道具は徹底的に使いたおす。そこに一本の筋が通っていて、カッコいい。

私物が生物になるまで

「死物を生物に変えることにふけってきた」と、開高健が著書「生物としての静物」で述べている。

使用者の表情がうかがえる、つかいこまれた道具を見るのは楽しい。ウェブでも雑誌でも、そういった記事を食い入るように読んでしまう。道具は、つかいこめば、開高がいう「生物」となって、なにかを語りかけてくる。

そこまで徹底して使い込むのが、男の手帳の作りかたではないか。

  • 2017-06-23初出
  • 2020-06-02改訂

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。