SynologyのNASからCloud SyncでAmazon Driveに写真を保管できなくなるから対策したのだが

2020年8月末に、アマゾンから一通のメールがきた。SynologyのNASから、Cloud SyncによるAmazon Driveへの写真の保管ができなくなるよ、と。

▲関連記事

▲DS218j後継モデルのDS220j

写真のバックアップに最適なamazonプライムフォト

AmazonプライムフォトはAmazonプライム会員の特典のひとつ。写真ファイルに限り無制限で、アマゾンのクラウド「Amazon Drive」に保管できるというもの。rawファイルも可だからありがたい。写真データが多い人には、これだけでAmazonプライムに課金する価値がある。

さらに。SynologyのNASを使っているなら、「Cloud Sync」というアプリによって、NASにある写真ファイルを、自動的にAmazonプライムフォトにバックアップできるのが、異常に便利だった。何も意識せず、いつの間にやらバックアップされている、という理想的なバックアップ環境だった。

システムの隙をついた抜け道的な匂いさえあったから、終わってしまうのも仕方がないか。しかし、Amazonプライムフォトが写真データのバックアップ先として有効なことに変わりはない。別手段でアップロードしていこう。

MacからAmazonプライムフォトにアップロードする

アマゾンからのメールによれば、Cloud Syncが使えなくなるのは11月1日から。代替え手段として、Macにアプリをインストールするか、ウェブで手作業でアップロードしてね、とのこと。

MacにAmazonフォトアプリをインストールすれば、Macが起動していれば自動的にデータをアップロードしてくれるようだ。やってみよう。

インストールして起動すれば、ブラウザの情報を拾ったのかすでにログイン済み。Macのピクチャフォルダを認識し、勝手に写真データのアップロードを開始してくれる。NASの写真フォルダは後で指定しておこう。

これでも十分便利だな、と思いきや。

しばらくたって経過を確認してみると、エラーでアプリが停止している。設定を見直しても、再起動してみても、回復せず。

しばらく様子を見てみるが、Cloud Syncではこんなことなかった。NASのアプリのほうが出来がいい、というのもいかがなものか。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。