シグマ24-70mm F2.8 DG DN Lマウント版のファームウェアをVer. 1.1にアップデートした

シグマ24-70mm F2.8 DG DNのLマウント版のファームウェアVer. 1.1が2020年6月25日に公開された。周辺光量補正データの最適化を図った、としている。

▲シグマ公式

そういえばLUMIX S1と24-70mm F2.8 DG DNでレンズのファームウェアアップデートは初めて。手順を記録しておこう。

現在のファームウェアのバージョンを確認する

「MENU/SET」ボタン>「セットアップメニュー」からバージョン表示を選択する。

メニューボタンを押して、スパナのアイコンからさらにスパナのアイコンをたどると、「バージョン表示」がある。カメラ本体のファームウェアのバージョンが古いなら最新にアップデートしておく。

バッテリー残量を確認する

残量50%以上でなければならない。

SDカードのルートにファイルをコピーする

シグマから更新ファイルをダウンロードし、

▲シグマ公式

そのファイルをSDカードのルートにコピーし、S1へ。

S1でレンズのファームウェアをアップデートする

メニューボタン>スパナ>スパナ>バージョン表示>ファームウェアアップデートへ。

▼「はい」を選択

▼緑のバーがギューンと伸びて、

画面が消えたらファームウェアアップデート完了。

▼バージョンが上がっている

で、今回のファームウェアアップデート、周辺光量補正データの最適化なんだけど、ちょっと撮影してみてもその効果はよくわからない。

LUMIX S1によるレンズのファームウェアアップデートまとめ

というわけで、レンズのファームウェアアップデートの方法は、ボディと同じだった。SDカードのルートに存在する更新ファイルによって、本体かレンズかどちらをファームアップするか判断しているのだろう。

つまり、複数の更新ファイルがあるとトラブルの原因となるから注意したい。

今回はSDカードに更新ファイルをコピーしたが、パナソニックの手順では更新ファイルのコピー先を「メモリーカード」としているから、CFexpressカードでもいけるはず。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。