デジタルカメラマガジン7月号は「カラグレで行こう!」

カラーグレーディングとは動画の世界で聞く言葉。その意味は「色調を作り込んで表現意図を明確にする」ことで、写真の色補正もまた、カラグレなのだ。

写真家25人のテクニックを掲載したその情報量は膨大で、初心者には完全に消化不良ながら、HSLやトーンカーブの意味が解説されてて勉強になる。

逆光の空を印象的に補正する方法なども載っていて、なるほどなー、こんな感じなのかー、と。自分ではできないけど。

特集2は「写真家の仕事場」。プロのオフィスをのぞき見ることができる。こういうの大好き。

どの写真家もいいが、特に108ページの中井精也氏が面白い。軽キャンピングカーを改造してオフィスとしてしまうとは。

新連載7本がスタートしており、「快適ロケ旅写真家の愛車自慢」(村上悠太氏とアトレー7)や、斎藤巧一郎氏の「食の絶景ツーリズム」(駿河湾の深海のエビ)が楽しみ。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。