もうα7IIIが発表されるタイミングなんだけどα7IIを入手した

α7II買いました。

とうとうフルサイズ。もうα7IIIが発表されそうなんですけども。

E-M1が去って再びK5IIsを手にしたらあり得ない重さだった

デジカメは、E-M1を気に入って使っていましたが、借り物。返しました。

交換していたK5IIsが帰ってきたんだけど、こんなにデカくて重かったっけ? もうミラーレスじゃないとダメみたい……

E-M5 markIIあたりとちょっといいレンズを入手するかと町まで出かけました。

α7にだけは手を出してはいけない

カメラ店をブラブラし、マイクロフォーサーズコーナーをのぞき、次にα7のコーナーをのぞき、いつのまにかα7IIのレンズキットをぶら下げてカメラ店を退場していました。

まいったなー、αだけはやめとこうと思ってたのに。カメラ本体は小さくてもレンズは大きく重いし、高いし。

しかも近いうちにα7IIIが発表されるはずの、このタイミングでα7IIかー。

でも、E-M1と同じサイズ感にフルサイズセンサーを搭載しているこのカメラ、手にするだけでうれしいです。

ポートレートをフルサイズ大センサーで撮ってみたい

フルサイズが欲しくなったのは、妻のポートレートを撮りたいから。大きなセンサーで背景をブワッとボカして撮りたい。

▲E-M1と安ズームで撮った嫁

こういうのを大センサーと明るいレンズで撮ったらどうなるんでしょうね。

明るいレンズがまた高いのですが、50mmぐらいの安い単焦点でなんとかしつつ、ぼちぼちレンズそろえていきたい。

妻、数百万円を投入し、顔の骨を切って削って小さくする手術をやって、今はダウンタイム中で赤ちゃんみたいに顔がパンパンに腫れています。

▲関連記事

しかし、少しずつ腫れが引いてくると、はっとする瞬間がある。妻によれば、腫れが完全に引いたときのために明るいレンズを用意しておかなくては!

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。