自分が撮った写真が週刊ポストの表紙を飾ってビックリした話

歳が半分のパートナーと住んでいる。

カノジョ、ハダカの写真を撮られるのが好き。

今日び、SNSで募集すればハダカを撮りたいカメラマン野郎が入れ食いのごとく集まってくるという。当然、私としては心中穏やかではなく。

もうハダカはやめて

いい感じのハダカ写真をSNSに上げれば、世界中の男たちから「いいね」がザクザク集まる。

つーか、私もかつてはカノジョのハダカ写真にいいねしてたんだけど。でも。

わたし

もうそろそろハダカ撮られるのやめたら? オレという男がいるんだから。

カノジョ

うんやめる。でも写真撮られるの好きだからあなた撮ってね。

いつの間にか、私が彼女の写真を撮ることになっていた。

ごみばかりを撮ってきた 人を撮ったことがない

今使ってるカメラはEM-1と、やっすい12-50mmEZレンズとの組み合わせ。

EM-1、異常に便利だ。用途は仕事。お客さんの工場の写真撮ったり、そこから出てくる廃棄物の写真撮ったり、その廃棄物が処理されているようすを撮ったり。

正直、昨今のスマホでも十分な写真は撮れる。しかし、しっかりしたデジカメで撮りたい。お客さんと同行してるので、難しそうなカメラで撮影することで、なんだかプロっぽい雰囲気出したい、というヨコシマな思いも無いではない。

E-M1は他社のミラーレスや一眼レフと比較すると軽くて小さく、レンズ合わせて防塵防水で、しかしオリンパスの先代フラッグシップなのでダイヤルたくさんついてて操作しやすくて、機能もてんこ盛り。

センサーサイズがAPS-Cサイズ以上のカメラで、ある程度の機能を備えていると、普段の仕事用カバンにつっこんで出かける、というのは不可能だ。

一瞬の表情を作品として切り取りたい

で、そんなE-M1で彼女を撮ってみたが、人を撮るのは難しい。

露出やホワイトバランスが合わないし、瞳にピントが合わないし、構図とかぜんぜんダメ。

若い女性は表情がクルクルと変化する。いい表情をしても、その一瞬をとらえきれない。

E-M1のポテンシャルは高いんだが、いつもはのんびりと、動かない生ごみとか鉄くずとか撮ってるだけなので、腕が追いつかない。

しかし、ごくたまに、露出もホワイトバランスもなんとか許容でき、瞳にピントが合ってて、いい表情している写真があって、まぐれでそういう一枚が撮れたりすると、気分がいい。

バッサリとトリミング済みだが、これなんかは気に入っている一枚だ。

今のところ、そういう写真が撮れるのはギャンブルでしかなく、作品作りとしてねらったとおりの写真が撮れるようになるには、どうすればいいんだろう。

まずは、数を撮るしか。

週刊ポストから彼女にDMが

というところへ、カノジョのインスタに週刊ポストから「写真を転載したい」とDMがあり、過去にセミプロのカメラマンに撮ってもらった一枚が掲載されることになった。

彼女だけでなく、ヌードをSNSで公開する女性が増えているそうで、そんな女たちの特集だという。

発売されたから買ってきた。コンビニで週刊ポストを手に取ったら、驚いてこけそうになった。

私が撮った写真が表紙に使われていたから。

被写体と撮り手の関係性が写真に写る

つたない写真で、jpg撮りだし、高ISOでザラザラ。なぜこれを採用するんだろう。

しかし、セミプロカメラマン氏の写真より、私の写真がひとつだけ勝っているところがあった。

被写体の表情。

セミプロカメラマン氏の写真は彼女の表情がかたい。私が撮ると、彼女はリラックスしていい表情をする。

そして、女性の写真は、なにより表情が大切なんじゃないか。だから週刊ポストは、技術的にはつたなくとも、私が撮ったほうを採用してくれたのかな。

人の写真を撮る、というのは、被写体と撮り手の関係性までもが写しこまれるのだろう。

▲関連記事

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。