Sigma 24-70mm F2.8 DG DN Artで撮る

LUMIX S1を入手した。レンズはSigmaの24-70mm F2.8 DG DNを。

ぼちぼち撮ってる。なんだかこれとってもいいレンズじゃない? ソニーEマウント向けがずっと品薄なのもわかる。

とりあえず夜のポートレートを撮ってみた

ここでは、JPGをLightroomでちょっといじっている。色とか、トリミングとか。

▼こういった構図だと、ちゃんと手前の人体を認識してピントを合わせる。鏡の像には合わない。

▼瞳AFもちゃんと効く。

α7RIIIではSEL24105Gを使ってて、あちらはF4、こちらはF2.8。F2.8とF4ってそんなにちがうわけ? という疑問があったわけだが、使ってみるとよくわかった。

ちがう。言語化できるほどの経験値はないが、ちがうということはわかる。

なぜポートレートは大口径単焦点の中望遠で撮るのが定石なのか。それも体感できた気がする。

こうなると単焦点で明るいレンズが欲しくなってくるから危険……

日中のポートレートを撮ってみた

ここではRAWで撮ってLightroom でJPGに変換した画像。

▼陽光下もいい

▼日陰もいい

▼広角で寄ってみてもいい

近所をブラリと撮ってみる

以下、JPGをLightroomで縮小した写真。

▼この季節、晴れると夕焼けがきれい。遠くに富士山が見える。

▼細かな枝もよく解像してるのでは。

▼ワークマンとしまむらでコーディネートした妻。

▼開放だと周辺減光が目立つ。

▼50mm付近開放。

▼これも開放。

▼絞ると周辺減光は無くなる。f5.6。

▼50mm、f5.6。

▼絞っていきたい。

Sigma 24-70mm F2.8 DG DNはどんなレンズ?

写りいい。明るいのは正義。

解放は周辺減光目立つから絞っていこう。ポートレートは解放でもいいんじゃないの。

あとでかいよ。F2.8通しだからしかたないのかな。でも初心者の私からしたらフィルター径82mm、重量835グラムのレンズって尋常じゃない大きさ重さ。LUMIX S1本体もでかいから、体力ないとぶら下げて歩くのはキツイね。

値段は、パナの純正24-70mmのだいたい半額。安い。LUMIX S1、でかいしガッチリしてるし、ボタンも操作しやすいなー、と気に入っても、純正レンズ合わせるといいお値段で、ちょっと手が届かない。そんなとき、このレンズ。

初出2020/01/28

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。