大切な人の写真を撮ろう

土曜の午後。晴れたら外に出て、大切な人の写真を撮ろう。

ああだこうだいいつつ、ウフフと笑いながらシャッター切る。いつもと違う、パートナーとのコミュニケーション。

ファインダー越しの彼女はいつもと違う

あっ、せっかくいい表情が撮れたのに背景のホウキでぶちこわし……

こうか。まだホウキがじゃまか。

というかホウキをどかせばいいのか。横着はダメ。

いいよ! いいよ!

光も風も操れない

髪がバサーッとなってるカッコいい写真が撮れないか。

試してみたけど、そうそう都合よくいい感じにバサーッとはなってくれないね。ああいう写真は、スタジオで扇風機で風当てながら、試行錯誤してるんだろうか。

光がどこから当たるかが重要で、あそこに立ってみようか、座ってみようか、とかやりながら試す。

明かるければいいというものでもないようだ。モデルのまぶたが閉じてしまうし、肌が白とびする。

パートナーの写真をレタッチする

撮影したらMacに読み込んで、二人で観る。

おや、と目を引く写真でも、だいたいどこかにダメなところがある。こうすればよかったかも、とパートナーと話する。

これはまあまあよく撮れてるんじゃないか、という写真はLightroomとPhotoshopでレタッチしてみる。ごみ取ったり、アホ毛取ったり。

レタッチしてみると、さらにその写真のダメなところが見えてきて、この写真だと肌が白とびしてるな、とか。次に撮るときは、少しは上達しているかな?

大切なことを写真に残そう

今度実家に帰ったら、父母の写真も撮らせてもらおうか。そういうのって照れくさくはあるが、いずれ撮れなくなるし、そうなってからでは後悔するだろうし。

生まれ育った場所もできるだけ写真に残しておきたいな。今住んでいる場所だって、写真に残しておく価値はあるんだろうな。

写真っておもしろいね。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。