α7RIIIの標準ズームにはSEL24105GかTAMRON28-75mm F2.8のどちらがいいのか? 問題

写真が上手くなりたい、カズナリ(@kenkonkenn)です。

α7RIIIを入手した。標準ズームレンズをどれにするか悩んだ。α7シリーズを手に入れようというとき誰もが通る、

SEL24105Gか、TAMRON28-75mm F2.8(A036)か、どっちにしよう?

問題だ。最終的にSEL24105Gを選んだのだが、なぜか書いておく。

SEL24105GとA036のスペックを比較する

SEL24105GA036
焦点距離24-105mm28-75mm
明るさF4F2.8
最短撮影距離0.38mワイド0.19m テレ0.39m
フィルター径77mm67mm
最大径83.4mm73mm
全長113.3mm117.8mm
質量663g550g
価格145,440円85,050円

SEL24105GとA036を比較する際に気にしたところを表にしてみた。勝っているポイントは太字にした。

価格は2019年3月17日現在のマップカメラより。SEL24105Gの最短撮影距離の条件は調査中。

こうやって比較すると、SEL24105Gが勝っているのは焦点距離ぐらい。全長も短いが、たった4.5mmなので、ほぼ同じ。

A036はF2.8通し、約1センチ細い、113グラム軽い、そして60,390円安い。発売以来大人気というのもわかる。

焦点距離と解像感と見た目のかっこよさでSEL24105Gを選んだ

SEL24105Gを選んだのは、焦点距離だ。特に広角側の差は大きい。24mmと28mm。たった4mmだが、撮影してみると4mmどころではない違いだ。

望遠側も75mmでは物足りない。105mmまであるとうれしい。

F2.8通し、100グラム軽い、6万円安いというのはインパクトあるが、常時付けておく一本目のズームとしては、24-105mmという焦点距離が勝る、と判断した。

あと、スペックには現れにくいんだけど、Gレンズゆえの解像感に期待も。作例見た感じ、ピシーッと細かいところまで描写するのが気持ちいい。高画素のα7RIIIと相性いいんじゃないか。

さらに、α一本目のレンズだからソニー純正を持っておきたいとか、デザインがなんかカッコいいからとか、そんな理由でSEL24105Gに。

α7にはこんな標準ズームもあるのだが

α7シリーズ向け、つまりFEレンズの標準ズームは、ここで比較した上記二本以外にも以下のようなレンズがあるが。

▲SEL2470GM。高いし重いので選択肢からは外した。

▲SEL2870。α7IIで使っていたが描写はユルい。しかし軽い。295g。あれ、この軽さはけっこういいかも……

▲SEL2470Z。このレンズもけっこう悩んだが。426gと軽いし。しかし設計がちょっと古め、評判よろしくない、などで選外。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。