キャリブレーションツールでレンズのピントが合っているかを確認してみた

α7RIIIとFE24105をゲットした。

レンズのピントって、本当に正確なの? という疑問があるのだが(昔買ったコンデジがあまりに後ピンなので返品したことがある)、安価にその疑問を解消できるツールを見つけたので試してみた。

DSLRKIT Lens Focus Calibration Tool Alignment Ruler Folding Card の概要

フィルタとか液晶保護フィルムとか探してたらレコメンドに表示されたこれ。

ほーうなるほどそうくるか! と感心したので発注してみた。

アマゾンのエアキャップ入り封筒を開けるとこの状態。極限までコスト削減しようというこの心意気、きらいではない。

紙製の折りたたみツールが2枚入り。サイズは長辺が約20センチ。

10秒で組み立ては終わる。

真ん中の紙にフォーカスし、その正確さを図る仕組み。できるだけ垂直にしよう。

α7RIII+FE24105のピントは正確だったのか?

絞り開放で撮影。JPG出力をトリミングした。

ワイド端。24ミリ。広角でF4だとまあこんなものか。

35ミリ付近。ゼロから手前の1あたりまでピント合ってるような……

50ミリ付近。ゼロにビシッとピントがきている。

70ミリ付近。問題無い。

テレ端105ミリ。ビシーッとゼロに来ている。気持ちいい……

F4とはいえ、105ミリともなるとけっこうボケることにおどろく。

α7RIII+FE24105のフォーカスが正確で安心した

高いカメラとレンズなので、ピントがズレてたらガックリだなとドキドキしながらテストしてみたが、正確で安心した。

使いこむとズレてくる可能性もあるし、たまには測定したい。レンズを新たに入手したら、まずは測定して安心しておきたい。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。