LUMIX G 42.5mm F1.7を買った

パナソニックのミラーレス一眼カメラ、G9 PROを愛用している。背景をぼかしたポートレートを撮ってみたく、中望遠で明るめのレンズ、「LUMIX G 42.5mm F1.7」を買ってみた。

▲関連記事
▲関連記事

LUMIX G 42.5mm F1.7を開封する

箱。小さなレンズなので箱も小さい。

入っているもの。レンズ本体、フード、巾着袋。

質感は、マイクロフォーサーズ廉価機についてくるズームレンズほど安っぽくはない。

かといって高級感あふれるわけでもない。まあ3万円未満で買えるレンズだし。

G9 PROに42.5 F1.7を取り付ける

G9 PROの標準ズームと比べると小ささが際立つ。

フルサイズ換算85mm相当なんだけど、これだけ小さいと「ちゃんと写るの?」と心配になる。

さっそく撮りに行こう。

LUMIX G 42.5mm F1.7の作例

四隅までピシッとしており、描写に不満はない。カニの甲、金属、木の質感がいい。

ヨメ。背景ボケてよかった。

最短撮影距離が31cmで撮影倍率は0.4倍。ハーフマクロ並みに寄れる。

なんかこう、

いい雰囲気で写るんですけど。

3万円以下でこの小ささでこれだけ写ると、そりゃ高いレンズ売れなくなるだろうしパナもMFTイヤになるだろうな……

LUMIX G 42.5mm F1.7で嫁ポートレートを撮る

絞り開放。換算85mm相当とはいえ、マイクロフォーサーズのボケ量はフルサイズの半分なわけで、どれくらいボケてくれるか心配だったが、これぐらいボケてくれたらまあいいかな。

弊社アルバイト。

あなたが祈るたび

宇宙(おおぞら)に帆があがる

ネコを見つけて遊ぶあなた。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。