過ぎ去る夏を御宿で惜しむ

御宿町へ旅に出た。

2年前に訪れて以来、妻も私もこの外房の町が大好きだ。

早めについたので、御宿に移住するのもいいじゃないかと、御宿西部グリーンタウンに寄り道してみた。広大な敷地に、海外の別荘風の邸宅が建っていた。普通の建売住宅もたくさん。

海辺の月の砂漠記念館。

御宿の昔と今を写真で比較する、という企画展をやっていて、楽しめた。あの展示を作った人、この町が大好きなんだろうな。

50年前の御宿駅や海水浴場の写真があって、人の多さに驚いた。

今回の宿。

エアビーでとった。御宿の海岸沿いには古いマンションがいくつか建っている。築40〜50年はいってそう。そんなマンションの最上階の部屋。きれいにリフォームされてて、ベランダからはすぐそこに海が見える。

マンションそばのかね八寿司でランチ。

地物の握り。どれもうまいが、かつおときんめが最高だった。

部屋にはキッチンがあるので夕飯は自炊。

7分も歩けば、御宿の民の胃袋を支えるスーパーマーケット「おおたや」がある。向かい側の「ゆあぱーく」には、地元産のうまそうな農産物が並ぶ。きくらげがおすすめだ。

御宿に来たら、地酒の岩の井で晩酌をキメたい。

今宵は「月の砂漠」で。

▲関連記事

翌朝。晴れ。

俺たちの夏はこれからだ。

サーフィンを体験してみた。

おもしろかった。しかし体力がついてこず。御宿に移住して、毎朝サーフィンしたい。

寿司屋にランチへ。隣のテーブルで日焼けしたオジさん二人が昼から豪勢な酒宴をキメており、楽しそうだった。彼らが帰ると、そのテーブルには中国人のご婦人グループがついた。彼女たちは、伊勢海老を焼いたやつを土産にしたい、一番大きいのがいい、うんそれ、それがいい、みたいなオーダーしてた。私もいつか御宿の寿司屋で豪遊したい。

御宿の旅が終わる。部屋を掃除し、ホストに連絡して退出。

最後に、メキシコ記念公園へ。

記念碑によると、昭和53年にメキシコ大統領を乗せたみこしが御宿の町を練り歩いたそうだ。意味がわからないので検索したら本当だった。勢いがあったんだねその時代。

▲このブログの「御宿町」というタグが付いた記事一覧
▲御宿海岸を歩いたブイログ

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。