kzlog

日記

房総半島の魅力にとりつかれてしまった

都心は効率を追い求め、すべてが平均に近づいていく。その近郊に住む。ネットが情報源。日本という国は狭くて、どこに行っても同じだという先入観が脳にしみとおる。

房総半島に旅をした。面白いものがあちこちにあって、このエリアに何度も足を運ぶようになった。脳細胞が発する電気信号から、日本は狭くてどこも平均化されている、という先入観が削除されていった。

車を走らせ、道を歩いて、目に入ってくるものごとが、興味をひいてしかたがない。都心と違い、時を経たものが残っている。自然と共存しなければならない。現代の都心ほど平均的ではない。「普通」からの振れ幅が大きい。そこに住んでいる人々には日常でも、私にははじめてだから、刺激が大きい。

50年前は日本におかねとパワーがあって、房総半島が観光地としてにぎわったようだ。さみしくはあるけど、あちこちに残ったその跡を見つけるのも楽しい。

房総半島への旅の記録は、このブログに残していて、「#房総」というタグを付けている。それを見返すのもまた楽しい。

[itemlink post_id="12158"]