Lightroom Classic から Lightroom へ移行した

写真の管理を、「Lightroom Classic」から「Lightroom」に移行しました。

モダンなLightroomを使いたい

Lightroom Classicは、パソコンのストレージにデータを保管し、フォルダに分けて分類します。クラウド以前からの管理方法です。

Lightroomは、クラウド(Adobeが提供する「クリエイティブクラウド」)にデータを共有します。複数のパソコン、iPhoneやiPadの「Lightroomモバイル版」と同期できます。今風ですね。

ちなみに「Lightroom Classic」と「Lightroom」、呼び名が似ていますが別のアプリです。ややこしい……

Lightroom Classicは、なんでもできるといえばできるんですが、写真が増えるほど、管理が煩雑になっていくんじゃないかという気がしています。すべてローカルに保管するから、その管理が大変です。

クラウドで写真管理をラクにしたい

例えば、以下の記事。写真が増えてMacのSSDにおさまらなくなったら、カタログファイルを分割して外付けストレージに移動したり。

クラウドにデータがあるLightroomなら、こういうことしなくていい。

Lightroomのデメリットは、クラウドの容量が限られていること。私が使ってる「フォトプラン」はPhotoshop、Lightroom、Lightroom Classicが使えて、20GBのクリエイティブクラウドがついてきて、1,078円/月のサブスクです。

でも20GBなんてrawファイルを保存してたらあっという間に使い切ってしまいますね。

そんなときのために、フォトプランにクラウド容量を追加できます。計1TBで、計2,178円/月。

けっこうな出費で躊躇するわけですが、ハードディスクの容量が増え続けていくのもけっこうなストレスです。NASを導入してはみたけど、やっぱり管理の手間はそれなりにあるわけで。

▲関連記事

Lightroom ClassicとLightroomを併用できないか

ところで、Lightroom Classicと、Lightroomは、データを同期できるそうです。

両者を併用しながら、少しずつ移行していくのもありか。

▲Adobe公式

しかしこれ、「同期」と言えるのかな。上記リンク先から、一部引用します。

Lightroom Classic はオリジナルのファイルを同期しますか?

Lightroom Classic からクラウドへ:Lightroom Classic からコレクションを同期すると、スマートプレビューのみが同期されます。スマートプレビューはクラウド上の容量を使用しません。

クラウドから Lightroom Classic へ:Lightroom デスクトップ版またはモバイル版から画像を同期する場合、オリジナルのファイルがダウンロードされます。

Lightroom Classicで指定したコレクションが同期の対象となるんだけど、写真のオリジナルデータはクラウドに上がらず、スマートプレビューのみが上がるよ、と。

いっぽう、Lightroomや、Lightroomモバイル版からクラウドに上げた写真を、Lightroom Classicに同期すると、オリジナルの写真データがパソコンにダウンロードされます。

Lightroom Classicが、あくまでローカルに写真データを持つ仕組みなので、しかたないんでしょうか。クラウドを中心に写真を管理したいなら、この「同期」は使いにくいですね。

iPad でLightroomしたいから思い切って移行した

話は変わってiPad Proを買いました。

▲関連記事

M1チップ搭載で、使いきれぬほどムダにハイスペック。

iPadでLightroomしたら面白いだろうな。MacでもLightroomに乗り換える潮時かな。

ということで乗り換えました。もちろん、クラウドは1TBに増やして。

乗り換え方法の詳細は、アドビ公式に記事があります。

これでiPad でもMacでもLightroomが使えて、写真データを共有できるようになりました。

(以下執筆中)

Lightroomで何が変わったか

Lightroomも実はローカルにデータを保管している

  • 2021-01-25初出
  • 2021-09-25改訂

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。