彼女がウン百万円を投資して顔を小さくする美容整形手術をする

カノジョというか、もう妻なんですけども。

彼女が顔を縮めるという魔法みたいな美容整形手術を昨日やって、先ほど「生きてるよ」とラインがあったので、自分を落ち着かせるためにこの文章を書いています。

自分の顔の美醜に悩む病気

彼女は病んでいて、「醜形恐怖症」というやつなのかな。異常に美醜にこだわります。

(彼女はブログ書いてて、この記事で壮絶な幼少期のことを明かしており、このころの体験を引きずってるのかなと思う)

美容整形もこれまで何度もやっています。

しかし「顔を縮める美容整形」は、まぶたを二重にしたり、鼻を盛ったりとは、ちょっとレベルが違うのでした。

歯茎の上を切断してアゴを切断して顔を小さくする

顔を縮める美容整形とは、

  • 歯茎の上のあたりを横に切断して上に詰めて顔を短くする(「ルフォー」という手術)
  • アゴを切って削って小さくする
  • アゴを加工して後ろにオフセットする
  • 頬骨を切って顔を細くする

というもの。これ全部やるのに12時間かかるらしい。

彼女も、執刀するお医者さんも大変。

注射一本打つのも怖い私は、手術の内容を聞いて気が遠くなりました。

費用はウン百万円。ちょっといい新車買えます。

今しかできないことをやらずにあとで後悔するなら全力で今やれ

彼女の容姿に不満はありません。フェロモンがあふれ、癒やし系で、セクシーで、いい女です。そんな危険な手術、パートナーとしては反対したほうがいいんじゃないか、とも考えました。

しかし、彼女は「じふんの顔が嫌い病」という病気です。反対して止めさせても、あとで必ず後悔する。熱病って、そういうものです。

だったらやるしかない。やれ。すぐにやれ。数百万円のおカネを大事にキープして、あとで年取って後悔するなら、今やりたいことに全力でベットしようぜ。

そう言って、送り出しました。

ハーレーに憧れて乗ってみたら熱病が冷めた

やりたいことがあるなら、すぐにやっておいたほうがいいです。

私はバイクが好きで、学生のころはハーレーに乗りたくて、社会人になってお金貯めて、やっとハーレー買いました。

しかし3年ほど乗って手放しました。「ハーレーに乗りたい病」という熱病が冷めたのです。ハーレーがどんなバイクか理解できると、それほど好きでなくなったのです。

自分には、日本車が合っているというのがわかりました。学生のころに乗ってたFZR250は、軽くてエンジンがよく回って軽快で、とても良いバイクだったんだ、と気づきました。

ハーレーに投じたおカネはムダではありません。ハーレーに乗っておかなければ、今でも「ハーレーに乗りたい」という情念がくすぶっていたかもしれません。

そういう、やりたかったけどがまんした、という情念は、長い時間を経ると「怨念」になるかもしれません。それって、あまりよいことではないですよね。

彼女の手術は無事に成功し、その後、大手術したとは思えないほど自然な顔になっています。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。