44歳の男が22歳女子とおつきあいすることになった

彼女ができました。なんと22歳。私は44歳だから、歳が半分です。

44歳のオジさんが、22歳の女のコとおつきあいするって、どういうことなんでしょうか。

弔鐘はるかなり 北方謙三だから許されること

私の敬愛する作家、北方謙三が40歳になったとき。

「俺は自分の歳の半分、つまり20歳のコとしか付き合わないと決めたんだけど」と述べていました。すごいこと決めるなあ北方先生。

で、先生は先日、60歳におなりになったんですけど、

「俺はね、還暦の時に今後は自分の3分の1、つまり20歳のコとしか付き合わないと決めたんだけど」

ウェブゲーテより引用

なんてこと言ってて(引用元の記事、面白かったのにもう見れなくなってます)、どれだけ20歳が好きなんでしょうか。

還暦って満60歳ですよ。もうおじいさんですよ。60歳のおじいさんが、

「オレは20歳の女性でなければ付き合わない」

というのは、北方謙三だから口にできることだよな。

……と思ってたら、私も自分の年の半分、22歳のコとお付き合いすることになり。やるじゃないオレ。

22歳の女のコでも感性が合えば疲れない 心地いい

彼女は22歳離れてても疲れないし、お互いが無理せず、心地よく一緒にいることができます。

ライフスタイルとか、感性とかが似ているからでしょう。

たとえ歳が同じでも、そのへんがまったく異なると、疲れてしまってケンカになります。

おたがいに筋トレが好きだし、食生活も同じ方向性。2人とも作文が好きで、趣味でブログを書いてて、晩ごはん食べながら文章論を交わしたりします。

おもしろいツイートはどうすれば作れるのか、議論したり。彼女@st_0905はフォロワー数1万超え、私は400ぐらいなので、そもそも議論になるのか、という疑問はあるけど。

そういえば、そもそもの彼女との出会いは、Twitterで彼女が私をフォローしてくれたからなのでした。Twitter社には足を向けて寝れません。

テキストのフィーリングが合えば恋愛が成立しやすい

彼女は、はじめてリアルで会ったときから、

「なぜそんなことまで?」

というほど私のことを知っていました。私のツイートやブログをしっかり読んでくれていたのでした。

テキストには書き手の人柄があらわれます。テキストで感性が合うかどうかわかります。テキストを通して体験を共有し、対話できるのかもしれません。

他者と気安い中になるにはある程度の時間が必要なのですが、彼女とは急速に仲良くなれたのは、Twitterやブログのテキストが恋愛の成立の助けとなったのでしょう。

ネットの正しい使い方 等身大の自分を表現して人の縁を育てよう

というわけで、ブログやツイッターでの情報発信と交流が、44歳オジさんと22歳女子を結びつけたのでした。

ブログやツイッターで、自分の力を偽ってブランディングして、マネタイズの道具として使おうとする人は多いんですけど、結局は自分の力以上のことはできないんですよね。

できることをできると発信して、人の縁を育てる。それがネットの正しい、面白い使い方じゃないでしょうか。

こんなおもしろいもの、うまく使わなきゃ損。うまく正しく使えば、思わぬ人の縁を生み、大きなチャンスを招き寄せるんだから。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。