電動歯ブラシとイエテボリと歯科通いで歯の健康を保つ

歯科へ。半年に一度のメンテ。歯石は少ない。歯周ポケットの深さはだいたい1ミリ。たまに2ミリ。1年前より改善している。

虫歯無し。施術時の痛みもほぼない。総じて口腔内は健康だ。

定期的な通院と、電動歯ブラシとイエテボリ式歯みがきのおかげ。

美人歯科医師が「歯が汚い男はダメ」というから数十万円かけた

若いころに歯のメンテを怠ったせいで、奥のほうにある歯はほとんど虫歯だ。

8年前、心を入れ替え、すべての歯を治した。当時、ジムで仲良くなった美人歯科医師ちゃんが、

歯が汚い男ってマジでダメ

と言ってたので、高価なセラミックをかぶせた。数10万円が消えたけど、そのかいはあった。

歯を治しても、銀歯が多いと口を開いたときの表情が暗くなる。歯が白いと、清潔感が増す。

口腔の健康は、想像以上に相手への印象が深い。営業職なら、金かけて高価なマテリアルを歯に埋めこむ価値はある。

歯科衛生士はセクシー型ではなくパワー型に限る

歯科医師ちゃんが言うまでもなく、女性に対しても歯の健康は大事だ。白い歯と、銀歯と、虫歯となら、誰とチューしたくなるかって話ですね。

話がそれた。今の住みかに引っ越して、良い歯医者を見つけて半年に一度、通っている。田舎町の歯医者さんだが、腕がいい。

歯科衛生士がムダにセクシーでないのもいい。都心部だと歯科衛生士がムダにセクシーで困る。腕とか細くてカリカリだからパワーがない。

今の担当の歯科衛生士さん、中年の女性なんだけど、パワー型だから小気味よく施術がすむ。ちょっと攻めすぎで怖いときあるけど。

また話がそれた。50歳近くなると、虫歯に加えて歯周病も怖い。歯医者さんは怖いが、歯を損なうほうが怖いから、半年に一度は通うことにしている。

電動歯ブラシで歯石少なく

昨年、アマゾンのセールでフィリップスの電動歯ブラシを購入した。これがいい。とてもいい。磨いたあとの、歯のツルツルさがちがう。

歯科医さんに「歯ブラシは電動ですフィリップスです」と伝えると、

あれはいい

でもブラシが高価でもったいながって交換しない人が多い

それじゃ意味がない

と嘆くので、オレはアマゾンで安い交換品を買っているぞ、と伝えておいた。

そのおかげか、以前より歯石が少ない、という。電動歯ブラシによる磨きすぎで歯茎を後退させてしまうこともあるから注意しろよ、ということだったが、その後のメンテでも異常はない。

シュミテクトで歯のしみ無し

歯科衛生士さんが、何か問題はないか、という。冷たいものが歯にしみる、と訴えると、シュミテクト使え、とのこと。

使ってるけど効きが今ひとつなのよね。

それうがいしすぎじゃね?

ということで、うがいを控えめにしたら、しみなくなった。

うがいをできるだけしない、イエテボリ式歯みがきというのも教わった。

イエテボリで虫歯も無し

  1. フッ素入り歯磨き粉を歯ブラシに2センチつける
  2. 歯磨きする
  3. うがいしない
  4. 歯磨き後はメシ食うな、2時間は食うな

というもの。

どうしてもうがいしたければ、10mlの水(ペットボトルのキャップ1杯分ぐらい)でしてもいい。

これにより、フッ素が口の中に残り、虫歯を防ぐ。

ついでにシュミテクトもよく効くだろうから、歯がしみることはほぼ無くなった。

電動歯ブラシ、高濃度フッ素のシュミテクトによるイエテボリ、そして定期的な歯科医でのメンテ。これで、できるだけ歯を残していきたい。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。