2018年 私的5大ニュースをまとめておく

2018年が終わる。

47歳になった。今年は、47年間で最も楽しい1年となった。

どんなことがあったのか、まとめておく。

1位 妻が顔面をフル改造した

1月初旬に彼女と入籍した。

2月。彼女が両顎(ルフォーSSRO)手術をした。

▲関連記事

歯茎の上を横に切断して短縮。顎を切りきざんで小さく。ついでに頬骨も切って横幅を詰めるという壮絶な手術。

嫁は幼少のころのことが原因なのか、心の病を患っているのだが、この手術後は改善して、寝込むことも少なくなった。

よかったよかった。

そして、私自身の顔について、どこがバランス悪いのか気づいてしまった。アゴがデカくて前にせり出していて、カッコ悪い。

もうアラフィフだからあきらめるけど、20代のころにこれに気づいてたら私も両顎手術したかったかも。

妻によれば両顎をやる人の半分ぐらいは実は男性だそうで、自分の顔のバランスの悪さに悩んでいる人は嫁に相談してみるといいかも。詳しくは問い合わせしてね。彼女のTwitterアカウントはこちら

2位 入籍 結婚した

44歳の時に、22歳の彼女と知り合い、2018年1月に入籍して、11月に式を挙げた。

正直、自分の人生にこれほど幸せなことが起こるとは考えてなかった。

やり直そうとすれば、何歳からだってやり直せるんだなと実感している。

3位 事業が安定してきた

2015年夏に起業して、細々と事業を展開してきた。

少しずつ、事業が拡大して、今年はなんとか食っていけそうなメドがついた。

運が良かった。ホントに私は運がいいなと感じている。

調子乗らないようにして、いや少しは乗ってもいいか。来年は色々と新しいことをスタートしたい。

4位 カラダが若返った

2015年ごろから、カラダのあちこちにガタが来てボロボロだった。

「ああ年取るってこういうことなのね」

とあきらめていたが、なにしろ彼女が半分の歳なので、私が先にもうろくしてしまうと申し訳ないなと感じ、カラダをメンテしたらどんどん体調がよくなった。

歳のせいにしたらだめ。

5位 妻と事業をスタートした

私が設立した株式会社、従業員は私ひとり。近い将来、妻をメンバーに加え、二人で事業を展開したい。

その準備として、今年は個人事業主の妻と契約し、私の会社のお手伝いをしてもらった。

▲関連記事

大好きな妻と出張するのが楽しい。

2018年まとめ 妻のおかげで毎日楽しい

私は学生時代はモテず、彼女もおらず、恋人と楽しい青春時代を送る、みたいなことができなかったことに悔いがある。

そういうことをしたかった。

だが、今になってほとんど学生みたいな年齢の妻と暮らしていて、楽しい青春時代をやりなおしているような気がする。悔いは消えて無くなった。

人生とはなんなのか。軽く目まいさえする。

さらに人生を変えよう。来年はどこまで行けるのか。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。