iPadをパソコン代わりにするメリットとデメリット

iPad Proの古いやつ(10.5インチ)をパソコン代わりとして使えないか、試しています。

まあまあ使えるんじゃないか、という感じです。これまでに感じたことをまとめておきましょう。

軽い バッテリーが長持ち 通信できる

私のiPadの用途はメールの読み書き、オフィス文書の編集、ブログ書き、写真の編集などです。ごく普通の使いかたです。

こういった用途だと、外付けのキーボードとマウスは必須ですが、かなりパソコンに近いことができるようになってきました。

軽くてバッテリーが長持ちするので、どこでもさっと作業できる。SIMが刺さるから通信できる。これはMacBookにはないメリットですね。M1を搭載したMacBookなら、バッテリーは古いiPadよりもつかもしれませんが。

ブログは、簡単な記事ならワードプレスの記事投稿から直接書きますが(この記事もそう)、画面を直にタップできるiPadと、ブロックの操作は相性がいいんじゃないか、と感じています。

写真はMacのLightroom Classicで管理しています。ファイルは自宅のNASに保管。いっぽうiPadのLightroomだと、アドビのクラウドに写真を保管せねばならず、一元管理するならどちらかに統一したいところ。

いっそのこと、アドビのクラウドに全部移行してもいいかな、と検討はしています。

Appleは、MacOSとiPadOSのルックアンドフィールをちょっとずつ似せてきていて、それだけにUIの違いが鼻につくのですが、まあ慣れで対応できる範疇でしょうか。

めんどうな作業は心理的なハードルが高い

次にデメリットを。

デメリットというか、これは私の心理的なハードルに過ぎないかもしれません。カジュアルなiOSを発祥とするiPad OSで、フォーマルなオフィス文書を扱うことに抵抗があります。

特に、取引先とやりとりしているワード文書はiPadで開きたくありません。コメントや変更履歴が多数あって、こいつに取りかかるのは、自宅のMacでも一大決心が必要なのです。iPadを取り出して、ちょっとやるか! というわけにはいきません。

FTPによるサーバの管理も、たぶんできるアプリはあるのかもしれませんが、iPadでわざわざやりたくはないです。

総合すると、心理的にハードルが高い作業は、iPadでは後回しにしてしまうのです。せめて慣れてるMacでやりたいので。

Macがあって本格的な作業はそちらでするので、ひとまずそれでも問題はありません。iPadは十分に仕事できるモバイル環境だし、今後のiPadのハードとソフトの進化で、私の心理的なハードルなんてどんどん下がっていくことでしょう。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。