カランダッシュのエクリドールでジェットストリームのリフィルを使う

カランダッシュのボールペン、エクリドールを20年ほど使い続けている。

そろそろインクが切れそうなのを機に、ジェットストリームの替え芯を使ってみた。

20年間愛用したボールペン

▲エクリドール

カランダッシュのボールペン芯、ゴリアットは優れた書き心地だ。油性でありながら、滑らか。エクリドールの精緻な造りもあって、これほど日本語を書きやすい海外製のボールペンは他にないんじゃないか。

そのゴリアット芯がかすれてきた。ストックを探してみる。

▲カランダッシュのボールペンリフィル、ゴリアット

写真上、購入時に入っていた中字。しばらく使って、太くて書きにくいので、中段の細字を購入した。

それを10年も使ったころ、「いくらなんでもこれだけ書いてるとそろそろインク切れるだろう」と買っておいたのが、下段。1本1000円もするが、これだけ長持ちしたらコスパは悪くない。このゴリアット、1本で8km書けるというが、それはもう永遠に書き続けられそうなほど。

G2規格のジェットストリームがそのまま使える

で、予備のリフィル を開封しようとしたとき、そういえばジェットストリームのリフィルを使えるんだっけと思い出し、買ってきた。

パーカー互換、あるいはG2規格という形らしい。ゴリアットの細字0.5より細い0.38にした。

並べてみるとゴリアットより少し長いが、エクリドールで問題なく使える。ノックの感触が少し変わるが。

ペン先の形状は、ジェットストリームのほうが鋭角だ。

エクリドール+ジェットストリームG2の使い心地は

ペン先を繰り出すとこれまでより鋭くて、違うペンを使っているような気がする。

字を書くと、筆跡が黒く、細く、小さな文字の視認性が高い。使い始めは空振りが多く、これはハズレかなと思ってたが、そのうちまともに書けるようになった。

エクリドールを使う機会が増えたのは、ウィンチェスターのペンホルダーが細いから。これしか挿せない。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。