自作キーボードTreadstone32 Liteをレビューする

@marksardさんが開発された、Treadstone32 Liteという自作キーボードを組んだ記事を書く。

その後、2ヶ月使い続けたのでレビューを追記した。

▲BOOTHの販売所

組み立てもキーマップ編集もイージーな30%キーボード

指が硬くて動きが悪いので、できるだけキーの数が少ないキーボードがよかろうということでCorne Cherry Lightを組んだのだが、その目論見は大当たりで、パソコン歴25年ほどにしてようやく完全なタッチタイプを習得でき、作業がごっつい効率化できた。

▲関連記事

しかしながら、

  • 分割キーボードは位置合わせが手間
  • 親指は思ったより器用じゃないからキーを3つ担当はかわいそう
  • もっとキー数を削減してみたい

と考えていたところへ、Treadstone32 Liteがリリースされた。Treadstone32には興味があったものの、組み立ての難易度が高くあきらめていたのだが、Liteで簡単になったという。

さらにはキーマップの編集が容易になるVIAに対応したということで、買わない理由がなくなった。

ルーペとクリップアームでpromicroの半田付けが簡単に

で、キーボード本体の前に、まずはpromicroから。

promicroというか、もげ対策の工程を省略したく、かつ環境をUSB-Cに統一したく、ELITE-Cにしてみた。

▼ELITE-Cにコンスルーを半田付けする

▼できた

実は前回のキーボード作成で、最大の難関がpromicroだった。ピッチが狭くて、老眼には辛い。

今回はその対策として、ルーペとクリップアームを用意したのだが、これが大正解で、あれほど苦労した半田付けが2分ほどでサクッと完了してしまった。

▲関連記事
▲関連記事

キーボード組み立て ソケット化のおかげでミスをリカバーできた

▼Treadstone32 Liteに入っているもの

上の写真に写ってないパーツがあって、それはリセットスイッチなんだけど、箱にしまったままで、結局最後まで取り付けを忘れてしまった。

▼Mill-Maxとスイッチ

これらはTreadstone32 Liteに入っていない。

基板にMill-Maxを半田付けすることでソケット化し、スイッチを取り外しできるようになる。

スイッチは、NovelKeys Cream。

▼ルーペとピンセットが役に立つ

パーツは小さいが、ルーペとピンセットでそれほど苦労せず組めた。

▼失敗例

なんかおかしいな、と思いつつ組んでたのだが、なんと基板とスイッチの間にマウントプレートを入れるのを忘れていたのだった。

ソケット化してたので手で取り外してやりなおした。直接半田付けしてたらリカバリ無理だったろう。

コンパクトな30%キーボードが完成

というわけで完成。ホームポジションからほぼ動かなくていいのでラク。机も広くなって快適。

Treadstone配列については、設計者の@marksardさんの記事に詳しい

一体型でありながら、独自の配列のおかげで肩が開きやすい。思うに、自作キーボードは、開発者の工夫やこだわりを身近に感じることができて、それがまた楽しいのかもしれない。

32というキー数については、ぜんぜんなんとかなる。指が硬いから、キー数が多いキーボードよりも快適だ。

トラブルとその対策

キーキャップはアマゾンで購入した適当な安物。バリがあって、本体フレームと干渉してキータッチが悪化するので、やすりで削ったら解消した。しかし見た目がパッとしないことに変わりはない。カッコいいやつをそのうち入手したい。

「/?」キー、なぜか入力しても反応しないことがあって、半田付けの不良を疑ったが問題なく。このキーは他のキーと同時押しでctrlキーになるのだが、その設定がうまくいっていないのだろうか。しかしそもそも設定をいじってないし。

そのうち、叩きつけても反応しなくなったので、スイッチを交換したら解決した。スイッチの不良だったのか。そういうのもあるのか。

VIAでキーマップを編集する

キーマップをMacのアプリのVIAでボチボチ編集している。VIAの操作については、サリチル酸さんの記事が詳しい。

▼レイヤー0はいじらず

▼レイヤー1はこう

日本語と英数の切り替えをトグルでやるのがいやで、Lower+Bで無変換とし、Karabiner-Elementsで英数キーを割り当てた。

かなは、Raise+Nで同様に。

カーソルはこちらに。

▼レイヤー2

数字はすべて片手で入力したく、こんな感じに。

ファンクションキーはあんまり使わないから適当に押し込んだ。

▼レイヤー3

ほぼ使わないのだが、ボタンやホイールは活用すると便利なのだろうか。

配列とレイヤーに慣れたら効率が爆発的にアップした

で、組んでから約2ヶ月、このキーボードをだけを使い続けている。配列に慣れ、レイヤーが頭に入ると、爆発的に作業効率が上がった。

一体型はどうしてもTとY、BとNを打ち間違えてしまうが、独自の配列でそれが無い。

32という少ないキーの数でフルキーボードと同じことをやるため、このキーボードだけのいろいろな工夫があるんだけど、それを理解して体で覚えると、使いこなせるようになっていく。

ちょっとキーマップを編集し、キーボード右側にテンキーをおさめたので、ホームポジションを維持しつつ、片手でエクセルなどに数値入力できる。

矢印は左側で、コントロールキーを左小指で押せるので、コントロール+上下左右が、これもホームポジションを維持しつつ自在だ。Macだと、これが便利すぎる。

カットコピペも、コントロール+Aで文頭、同様にEで文末も、ぜーんぶホームポジションで、完全にタッチタイプでできる。快適すぎる。

Corne Cherry Lightでもかなり効率が上がったが、さらに上がったんじゃないか。長時間、キーボードだけをタイプし続けるなら分割型だが、机上では意外にキーボードが邪魔になる。請求書に捺印して、折りたたんで、封筒に入れて、とか。あるいはこちらにきた封書を開封して中身確認して、必要なやつと廃棄するやつを分別したり。いつまで紙文書いじらなきゃならないんだ、という問いはもう封印した。

脱線した。机上のスペースを空けたいとき、驚異的に小さいこのキーボードだと、片手でつかんでどける、というのが容易だ。分割型は、これがけっこう手間だ。再度キーボードを使うとき、位置合わせが発生するのもストレスだ。

親指シフトをやめたのもプラスに働いたようだ。日本語だけを延々と入力するなら親指シフトもいいんだけど、意外にそういう場面は少ない。

このキーボードをiPhoneやiPadでも使いたく、ケーブル繋ぐとやっぱり電力問題で使えない。viaを捨て、config.hを編集してqmk firmwareで書き込んでみたら使えたが、今度はキーマップを編集できるほどのスキルがなく。

ボチボチ勉強するか……

  • 2020-08-29初出
  • 2020-09-18改訂
  • 2020-11-04追記

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。