クラシックシェービングでスキンヘッド 両刃カミソリで頭を剃る

ハゲなので頭を丸めています。スキンヘッド歴は20年ほど。

これまで頭を剃るのは電気シェーバーのみでしたが、両刃カミソリも使い始めました。

▲関連記事

美しいデザインの両刃ホルダー メルクールの334c

メルクールの334cという両刃ホルダー。箱に「ゾーリンゲン」と書いてあります。刃物関連でよく聞きますね。ドイツの都市で、刃物が名産らしいです。

ホルダー本体と、刃が一枚入っています。

クロムメッキの金属塊に心が躍る

▲クロムメッキ仕上げで重い

手に持つと重いです。ドイツ製。クロームメッキ仕上げ。

高級感はそれほどでも。実用本位の道具、といった雰囲気です。

こういった金属製の小さなツールは、

なぜか男心をくすぐります。

ヘッド部のカーブは、一枚刃を安全に肌に当てるため。

両刃ホルダーにカミソリ刃をセットしよう

幼少のころ、これをよくみた記憶があります。

薄くて、しなります。

ホルダーハンドルの尻はノブとなっており、回すとこのように分割できます。

二つのパーツの間に、一枚刃の両刃カミソリをはさんで固定するわけです。

パーツを戻し、ノブを回して固定すれば、

刃のセットが完了。

二つのパーツにはさまって、刃が弧を描いてしなり、毛を剃るためにちょうどいい角度で固定されます。

安全のため、決まった角度でないと切れないようになっているのでしょう。

メルクール純正の替刃も同時に購入。10枚入りで1000円ほど。1枚100円の計算です。

安いのを探せば1枚30円程度でも見つかります。

5枚刃の安全カミソリの替刃と比べると、安いですね。

イタリア製のイノシシ毛ブラシでシェービングを愉しむ

休日は、シェービングソープを泡立てて、両刃カミソリで頭とひげを剃ります。

シェービングソープをブラシで削りとり、ボウルで泡立てて、頭皮や顔に塗るのですが、ブラシが安物のせいか、なんだかきまりません。

そこで、PRORASOというブランドのちょっといいシェービングブラシを使ってみました。

妻がクリスマスにプレゼントしてくれました。

包装が雑ですね。最近の中国製の方がよほどしっかりしています。包装だけは。

イタリア製。能書きもイタリア語です。

PRORASO(ポロラーソ)というブランド、イタリアではプロも使う道具だとか。

かたい毛と太いハンドルで作業しやすい

このブラシ、イノシシの毛です。

安物シェービングブラシは、ナイロン毛。高級なものはアナグマの毛。というのがシェービングブラシの定番です。イノシシ毛は、ちょっと珍しいです。

さわってみると、かたいです。アマゾンのレビューはすべて英語ですが、翻訳してみたらやはりみんな「硬い」と言っています。

左は、今まで使っていた安物のブラシ。

正直なところ、ハンドル部分は、安物のほうが高級感あるかも。

ポロラーソは一見、安っぽいです。

最初は太くて握りにくいな、という印象でしたが、ソープを削りとり、ボウルで泡立てるには、このぐらい太いほうが手首が疲れにくいです。

イノシシの硬い毛と、太いハンドルのおかげで、ソープを削り、泡だて、頭や顔に塗る、という動作がスムーズ。

気のせいではなく、できる泡までちがいます。きめ細かで、クリームのような泡が、立ち上がってきます。シェービングのテクニックが数段上がったように錯覚します。

耐久性が高くて抜け毛がない 獣臭いのが弱点

安物ブラシはシェービングのたびに毛が抜けます。

ポロラーソは、繰り返し使っているが、抜け毛は2本程度かな。イタリア製というと故障が多いイメージだが、そんなことはありませんでした。

欠点は、獣臭いこと。イノシシの臭いでしょうか。3回も使えば、洗い流されて消えるので、欠点というほどのこともないですね。

ドイツ製とイタリア製でそろえたシェービングの道具たち。

単なる作業だった「頭とひげを剃る」という行為が、愉しみの時間となりました。

クラシックシェービングの快楽を再び

ということでメルクールの両刃ホルダーと、ポロラーソのシェービングブラシのレビューでした。

両刃カミソリとホルダーは、複数枚刃の安全カミソリや電気シェーバーが登場する以前の、過去の遺物だと思っていたけど、まったくそんなことはなかったです。

たまに、学生のころに通っていた理髪店のことを思いだします。白髪でやせた老理髪師がシェービングしてくれたのですが、あれは至福の時間でした。

あれを自分で自分にできないものでしょうか。

  • 2019-07-18初出
  • 2020-08-10改訂

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。