ロジクールのトラックボール「MX ERGO」で長時間のPC作業がラクになる

マウスよりトラックボール派です。

かつてはマイクロソフトの「トラックボールエクスプローラ」を愛用していたのだけど、製造中止で入手できなくなり、その後は適当なマウスをとっかえひっかえ。

しかし、リアル店舗でトラックボールに触ってしまい、気づいたらロジクールの最新鋭トラックボール「MX ERGO」が机の上にありました。

トラックボール派にも人差し指主義と親指主義がある

トラックボールにもいろいろ種類があります。

かつて愛用していたトラックボールエクスプローラは、人差し指でボールを転がすタイプ。

ロジクールなどのトラックボールは、親指でボールを転がします。

人差し指タイプが好きな人は、親指タイプになじめません。

人差し指タイプは、トラックボールエクスプローラが亡き後、代替品がなく、しかたなくマウスに戻りました。

そのうちまた人差し指タイプが出るだろ、と待ってたらいつの間にか10年ぐらいたっていて。

そして今。

なぜかエレコムが人差し指タイプのトラックボールに力を入れています。

気になって、店頭で何度も触ってみて、買う寸前までいくのだけど、なにかが引っかかりブツを棚に戻す、という行動をくり返し、最終的にはロジクールの「MX ERGO」を買っていました。

MX ERGOは、好みでない親指タイプなのになぜ?

ヒジがとてもラク 角度が決め手のMX ERGO

エレコムのトラックボールを何度も触って、買う寸前まで行きながら買わなかったのは、

  • 握った感じが好みではない
  • ボタンの節度が好みではない
  • ブルートゥースではない

といったあたりが気になったから。

重箱の隅をつつくようなものだけど、マウスやトラックボールなんてそんなもの。

そして、店頭でエレコムと比較のため何度も手を乗せてみたMX ERGOが妙に手にしっくりとくることに気付き、気に入ってしまったのです。

手を乗せた感じ、握った感じが自然。親指タイプであることも気にならないぐらい。

本体を傾斜させてるから肘が自然な角度で操作できる、という工夫のおかげです。

斜めに傾いてるからヒジに優しい

▲本体底部には鉄板を磁石で装着するようになっている

この鉄板、2種類の装着のしかたがあります。

▲装着その1

この装着だと、通常のトラックボールやマウスと同じような感じ。

▲装着その2

こうすると、ヒジから手首が自然な角度で、トラックボールを操作できます。

一見不安定に見えるが、ぐらつきはまったくなし。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。