フィリップスの9000シリーズ(S9182/26)をスキンヘッド用シェーバーとしてレビューする

スキンヘッドにするため、シェーバーを買い替えました。フィリップスの9000シリーズ、「S9182/26」です。

これまでブラウンやパナソニックのシェーバーも使ってきましたが、頭を剃るにはフィリップスが最適です。スキンヘッドにする、という観点から、このシェーバーをレビューします。

▲フィリップスの製品の型番は複雑です。9182/26はすでに廃盤ですが、「9000シリーズで洗浄機付きで最安値」のものを選ぶといいでしょう。

▲関連記事

S9182/26を開封する

▲Amazonで購入。翌日に届きました

▲同梱品。左上から時計回りに、シェーバー本体、持ち運び用のケース、取説、洗浄剤、ヘッドを分解するときにつかう治具、トリマーヘッド、電源コード、洗浄充電器

静かで振動の少ない回転式

▲ブラウンやラムダッシュに比べて握りやすい

頭を剃るには、逆さまに持つことが多いですが、それでも持ちやすいです。

ラムダッシュやブラウンのような往復式になれていると、はじめてフィリップスを手にしたときは、細くて軽いのでたよりなく感じるかもしれません。

電源スイッチを入れると、さらに不安は増すでしょう。音は静かで、振動も少ない。こんなに弱々しいのに大丈夫かな? と。

大丈夫です。

往復式はモーターの回転エネルギーを、直線方向の往復運動に変換するから、パワーロスが大きいのです。

フィリップスは、モーターの回転エネルギーをそのまま回転に使います。パワーロスが少なく、振動や騒音もおさえることができるわけです。

持ち運ぶなら付属の保護ケースもチェックしたい

▲持ち運び用のセミハードケース

▲十分に保護できます

出張などで持ち運ぶ機会が多いなら、どんなケースが付属しているかも確認しましょう。

他メーカーのシェーバーですが、付属の持ち運びの袋がペラペラで、カバンに入れていたらヘッドが破損したことがあります。

フィリップスはセミハードのケースが付属します。保護能力は十分です。

洗浄機が故障したので修理に出してみたら

▲充電洗浄機

▲底部に洗浄液が入ったカートリッジをセット

ブラウンもカートリッジ式。あちらは洗浄液にアルコールが入っていて、それによる除菌を売りにしています。

しかし、十分に乾かしたはずなのに、シェーバーに付着した洗浄液が乾いてないことがあって、アルコールが肌にヒヤリとして、気持ちのいいものではありませんでした。

フィリップスはアルコールをつかっていません。機械の洗浄力自体も、少し弱い気がします。

また、1年が過ぎたころ、洗浄機が故障してしまい、修理に出しました。代金が発生するだろうと覚悟してたら、無料でした。

フィリップスは2年保証だったのです。パナソニック、ブラウンは1年保証で、そこを理由にフィリップスを選ぶ人もいる、とは販売店担当者の話です。

3つのヘッドが追従して広い頭皮を剃り上げる

▲3つのヘッドが動いて、頭蓋骨の凹凸に追従し、効率的に毛を剃ることができる

フィリップスは回転式であるため低振動、低騒音です。

3つのヘッドが動き、広い頭皮へ追従するため、素早く剃れます。軽くて握りやすいこともあり、スキンヘッド用には最適でしょう。

使い方にはコツがあります。皮膚に押し付けて、せわしなく動かすとかえって剃れません。皮膚の上を軽く滑らせるように、ゆっくりと動かしてみましょう。

もどかしい気がしますが、そのほうが速く剃れます。

髪やヒゲを剃ったクズが、肌につかないのもフィリップスの利点です。ブラウンやパナソニックの往復式だと、ヒゲクズが黒い粉末となった肌について、不快です。

これだけでも、十分にフィリップスを選ぶ材料となります。

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。