M1 Mac mini を買った

M1 Mac mini を買いました。

以前にもMac miniを買って、不良品だったので返品した苦い思い出があるんですけど、今回は大丈夫なようです。

▲関連記事

LGの34WK95U、注目度が高いのかいまだによく検索されてる。

メモリは16GB SSDは256GBで計102,080円

2021年1月8日に発注、1月20日に受け取りました。

メモリは16GBに。

SSDは256GB。使用中のiMacは512GBですが、NASとクラウドを活用して、ローカルに置くデータ量を減らす考え。

例えば、Lightroom ClassicからLightroomに移行すると、SSDに置いておく写真データを減らせるな、とか。

それから、ParallelsでWindowsをインストールしてるんだけど、最近はほぼ起動しなくなったのでこれも不要かな、とか。節約できるのは数GBだけど。

というか、どのみちM1 Macには現時点(2021年1月21日)でWindowsをインストールすることはできないですね。

でもiMacにインストールしているWindows、たしかWindows2000からアップグレードを重ねてきたライセンスで愛着あるから、リアルマシンにインストールしておくのも一興かな。

バーチャルマシンからリアルマシンにライセンスを移すって、できるのかな?

モニタDELLのU2720QM

モニタはDELLのU2720QMにしました。

sRGB99%、出荷時にキャリブレーション済み。

写真を編集するし、仕事でモニタを見ている時間が長いから、奮発してちょっといいやつを。

使用中のiMacが5Kで、こっちは4K。ちょっと狭いかな、という心配もあったけど、目のために文字を大きめに拡大してるから、実際の広さはそんなに変わらないような。

M1 Macの映像出力問題をどうするのか

M1 Mac、気になる問題が報道されています。

M1 Macの映像信号がRGBでなく、YUVで出力されているため、外部モニター本来の発色や階調表現ができないことがある、と。

EIZOによれば、モニタ側で「YUV」表記の無い設定値を選べばこの問題を回避できます。

U2720QMがどうなのか。あらかじめオンラインマニュアルで、YUV(ypbpr)を回避できることは確認済み。

▲DELLのU2720QMオンラインマニュアルより

2枚目のモニタとして、S2721QSを検討してるんだけど、こちらもマニュアルを確認すると、YUVは回避できるようです。

モニタとの接続はどのケーブルを選べばいいのか

M1 Mac mini公式によれば、拡張ポートは以下のように説明されています。

Thunderbolt / USB 4
データ転送速度は最大40Gb/s20。外部デバイスのための充電や電力供給にも使えます。最大6Kの外部ディスプレイを1台接続でき、HDMI 2.0を使えば最大4Kの2台目もつなぐことができます。

この表現だと、モニタ接続のメインはThunderbolt/USB4で、HDMIがサブなのでしょう。

で、モニタ側のポートはどうなのか。マニュアルを参照すると。

▲DELLのU2720QMオンラインマニュアルより

USBの規格、ほんとにわかりにくいですね。U2720QMにはUSB-Cケーブルが付属しているので、それでつなげば映るはず。

または、手元にThunderbolt3ケーブルがあるので、これでも映るはず。

M1 Mac miniにインストールしたアプリ

Microsoft Office

Lightroom

Lightroom Classic

Photoshop

Day One

Karabiner Elements

(この段落工事中)

Apple M1チップに触れてみて

これまで2年間使ってきた2017iMac 5K(メモリは40GBに増設)が微妙に遅くなってきてて、我慢できずにM1 Mac miniに乗り換えたんだけど、快適です。

M1ネィティブでなく、Rosetta2を介して動作しているアプリもけっこうあるんだけど、それらのアプリもiMacより快適なぐらい。

iMacはその前に使っていたMacBook Proから移行アシスタントで乗り換えたんだけど、今回は一から環境をセットアップしているから時間食うな……

この記事を書いた人

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。