リビーの大きなガラスのタンブラーを買った

水をたくさん、おいしく飲みたくて、ぶ厚いガラスの大きなタンブラーを買ってきた。

水はガラスのコップで飲むとうまい

気温が上がると、水を飲む量が増える。

水は、ガラスのコップで飲みたい。

ペットボトルとか、陶器のマグカップでなく、ガラスのコップがいい。

製氷庫をあけ、氷をつかみ出し、放り込んで水を注ぐ。

がっしりにぎって水を飲み干す。うまい水の飲み方だ。

陶器のマグカップや、プラスチックのプロテインシェーカーで水を飲んでも、さほどうまくない。同じ水なのに。

ただの水がうまくなるあのコップ、なんていうんだろう。検索してみよう。

ぶ厚いガラスのタンブラー

リビーのジブラルタル。頭の中に浮かんだ、今欲しいガラスのコップのイメージはこれだ。

たまたま訪れた雑貨屋の棚に並んでいたので、買ってきた。

こういった、たてに長くて、とってのないコップはタンブラーというらしい。カッコいいからこれからはそう呼ぼう。

このタンブラー、ジブラルタルというシリーズ名。その中でもワイドトールなタイプで、容量は473ミリリットル。大容量だ。

氷を放り込む。ラフにテーブルに置く。タフだから気兼ねなく普段使いできる。食洗機もOKらしい。

ガラスがぶ厚い。口部は強化されて丸く、口当たりがいい。やはり、ガラスのタンブラーで飲む水は妙にうまい。

メーカーのリビーによれば、ジブラルタルはアメリカのカフェやダイニングでスダンダードだという。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/システム手帳いじり。