ピークデザインエブリデイバックパックV2 30Lを買った

カメラを安全に運びつつ出張できるバックパックが必要だ、ということで、以前に記事を書いたが、ピークデザインのエブリデイバックパックV2の30Lを購入した。

▲関連記事
▲ピークデザイン公式

166センチ女性が背負うとこんな感じ

妻に背負ってもらった。

こうなる。

179センチ男が背負うとこうなる

私。179センチ。

こう。

外観 自立してくれるのがいい

地面に置く。自立してくれる。

上と側面にハンドルがついてるのがいい。

側面のポケット、ピタッと本体にそうように閉じてて、容量が低いのかなと思いきや、フタやマチが工夫されてて、けっこうものが入る。

ストラップはマグネット入りで、本体に吸着する。ブラブラしなくて快適。

側面が開いてアクセス良好

エブリデイバックパックの最大の特徴は、横が開くところ。

両側がバカっと開く。

バックパックは重量物を背負って歩く、という点では優れているが、中身にアクセスしにくい。

しかし、側面が全開することで、底に入っているものもすぐに取り出せる。

バッグは下ろさなくていい。ストラップを片側だけはずし、前に持って来れば、アクセスできる。

この動作がとてもスムーズなんだけど、その秘密はショルダーストラップにある。

ストラップの付け根が回転する。どんな体型にもフィットしやすいし、バックパックを体の前に持ってきやすい。

中身にアクセスしにくい、というバックパックのデメリットを、本気でつぶしにきたと思う。

上部のフタは、「マグラッチ」と呼ぶクロージャーで閉じる。これがまた便利だ。容量を増やすこともできる。

大容量のバックパックなのに中身を小分けできる

セミハードケースを背負っているような感じ。カメラを運搬するためのバッグだから。

袋状の、なんの保護機能もないバックパックと比べると、ものは入らない。しかし、カメラを安全に運びつつ、2泊ぐらいの荷物は運搬できるから、十分だ。

セミハードなのはメリットでもある。重量物を背負って歩いても、中で物が移動しないから疲れにくい。

あちこちの小物用ポケットや、エブリデイバックパックの特徴であるディバイダ(仕切り板)でモノの位置を固定できるので、なにがどこにあるかをすぐに把握できる。

なぜチャコールのヒップベルトがないんだろう?

色をどれにするかは、散々に迷った。チャコールにした。

カバンは無彩色がいい。だからミッドナイトはなし。黒は強過ぎるかな。グレーか。

ピークデザインといえばライトなグレー、「アッシュ」があったよな、と思ったらなんとバックパックV2の30リットルにはアッシュがない。

だったら濃いグレー「チャコール」でいいか、別売のヒップベルトも合わせて買おう、と思ったら、ヒップベルトはアッシュがあるがチャコールがない。

ヒップベルトは大きなバックパックにこそ必要なはずなのに。

20リットルしかないアッシュはあって、30リットルのチャコールは無い、というのはいかがなものか。

アッシュでも、あるいは黒でも、色を気にしなければ装着はできるけど。ここまでこだわったピークデザインのバッグだからこそ、色も統一したいじゃない?

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。