自宅のプロバイダをJ:COMに乗り換えた

自宅兼オフィスのインターネットプロバイダはIIJ。しかしマンション管理組合が一括して契約したというのでJ:COMに乗り換えることになり……!?

その後、ひともんちゃくあり、調整の結果、下りは1Mbpsから70〜80Mbpsに改善したんだけど、J:COMの対応はひどいものだし、改善してないこと(短時間だが接続が切れるトラブルが頻発している)もあるし、この記事は記録として残しておく。

VDSLからケーブルテレビへ乗り換え

IIJは光回線といってもマンション内はVDSLなのでそんなに速くない。比較的空いている午前でも80Mbps程度かな。

マンション住人の多くがネットを使い出す夕刻からは混んで遅くなる。マンション内の中継機的なやつがおかしくなり、ネットにつながらなくなることもたまにある。

自室に戸建て用の光回線を引き込めないかな。以前に住んでたマンションではやったことある。……と考えてたら、管理組合からプロバイダと一括契約するよ、というお知らせ。それでなんとかなるなら。

ケーヒブルテレビはVDSLより速いらしい

マンション管理組合から「工事希望日を申告せよ」という知らせが届き、速攻で返事した。

工事当日はJ:COMの営業マンとSEの人がやってきて、60分程度で完了した。従来はADSL、これからはケーブルテレビ。かなり速くなりますよ、と営業マン氏。

モデムはHUMAXのHGJ310というやつで、初見のメーカー。MacもiPhoneもサクッとつながった。アレクサエコー、プリンタもOK。

気になるスピードは、なんとなく速い気がする。計測してみよう。

スピードをテストしたら上りの遅さに驚いた

まずiPhoneから。

▼左がADSL相当のIIJ、右がJ:COM。

J:COM、下りはいいが上りは何かの間違いか。しかし何度テストしてもこんな数値だ。

次にMac。有線LANで。

▼左がADSL相当のIIJ、右がJ:COM。

やはりJ:COMの上りは遅すぎる。

ブログ書いてても、小さな写真のアップロードにさえ一呼吸かかってしまう。アップロードできないこともある。

J:COMの上りは遅かった

ということで、上りが異常に遅い。

ググってみると、J:COMはそういうものらしい。評判が悪くて笑う。マンション住民の乗り換え作業がこれから進むと、さらに遅くなる可能性もある。

ひとまずサポートに「上りが遅い」と連絡してはみるが、そもそもそういう仕組みなので改善は期待できない。管理組合も地雷踏んだな。連絡だけはしておこう。

やはり総会ぐらい出ないとダメか。出ても一括契約を阻止できたかはわかんないけど。マンション全戸が乗り換えたらどこまで遅くなることやら。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。