カメラを安全に持ち運べるバックパックが必要だ

出張に、荷物+カメラを収納できるバックパックが必要となった。どんなのが欲しいのか、具体的に条件を上げてみよう。

バッグに適当にカメラを放り込んでたらフィルターが砕け散っていた

出張から帰ってLUMIX S1をカバンから取り出したら、レンズキャップが少し歪んでいる。

おやなぜ? 外すと、フィルターが砕けていた。

出張時のカバンは、ノースフェイスのビッグショットIIというカジュアルなバックパック。

ガラガラとひっぱるトロリー、大きなショルダーバッグなども使ってきたが、出張先で荷物を携行してウォーキングするのが好きなので、バックパックが生き残ったというわけ。

荷物を色々と放り込んみ、そのいちばん上にカメラを乗せるという大雑把な収納で、しかしレンズに負荷がかかるとは考えにくいのだが、歩いているうちに荷物のすきまにカメラが落ち込んで、テコの原理みたいな感じで瞬間的に大きな負荷がかかり、こうなってしまったのかもしれない。

フィルターは買い換えればいいが、レンズ前玉にひとつ、小さな点のような傷ができたのがショックだ。オレのバカ。

いずれきちんとカメラ収納できる出張用バッグ買わなきゃな、と思ってたが、いずれではない。すぐにでも。

ビッグショットIIのメリットとデメリットを上げる

ビッグショットIIはとてもいいバックパックだ。もう20年以上手元にあるんじゃないか。酷使しているが、へたらない。最近、内側のコーティングが剥がれてきたので、もうさすがに寿命なのかもしれないけど。

普段使いにまたIIが欲しいが、古い製品なのでもう終売のよう。後継モデルのビッグショットCLはそのうち入手するかも。スーパーの買い出しに便利で。

ビッグショットIIのいいところと悪いところをあげてみよう。それが理想のバックパックの条件となるはず。

いいところ

  • 32リットルの大容量
  • チェストベルトがある
  • ウエストベルトがある
  • 小物を整理できるポケットがある
  • ラップトップ用のポケットがある。バッグを置く時の衝撃を吸収するクッションもついてる
  • 本体上部のハンドルが意外に便利

悪いところ

  • 1気室で荷物を取り出しにくい
  • 形が崩れやすい。背負うと垂れ下がってカッコ悪い
  • 自立しない
  • 小物ポケットはあるが使い勝手は今ひとつ
  • ウエストベルトは使わないときはブラブラして邪魔、危険

理想のバックパックの条件を考える

では、理想のバックパックの条件をリストアップしていこう。優先度が高い順に。

容量30リットル以上

これはもう絶対。カメラ+出張の荷物を収納するから。容量増のギミックがあるとなおいい。

チェストベルト

荷が重くなると、チェストベルトがあるとないとで疲れが違う。容量の大きいバックパックにはだいたい付いてるけど。

ウエストベルト

これも欲しい。チェストベルトとウエストベルトをフィットさせると、高重量で長距離歩いても疲れにくい。使わないときはブラブラして危険なので、収納できるか取り外しできるギミックが欲しい。

2気室

カメラとその他の荷物を分けて収納したい。

クッション付きのPCポケット

PCポケットは今日びのバックパックには大体ついてるが、クッションも必須だ。下に置く時の安心感が違う。

自立する

ビッグショットは自立せず、けっこう困った。

上部にハンドル

バックパックを置いたり持ち上げたりする際、便利。横にもあればなおよし。

小物整理しやすい

財布、筆記具、バッテリー、ケーブルといった小物を整理しやすいといい。

気になるバックパックを比較してみる

PeakDesign ピークデザイン エブリデイ バックパック 30L

62 x 36 x 19.8cm、2.13Kg。

2019年11月にV2へとバージョンアップした。アマゾンなどでは新旧両方売られてるから注意しよう。フタがエイの顔みたいになってるほうがV2だ。

旧型は何度もビックカメラなどで触ってみたが、考え抜いて作ったんだな、という感じがビリビリ伝わってくる。

しかし、高い。そうそう買える値段じゃない。でも長く便利に使えるならちょっとぐらい高くても。

WANDRD ワンダード プロヴォーク 31

47.5 × 31.2 × 18.7cm、1.5kg。

ギミック満載で使いやすそう。カメラ専用バッグではなく、カメラにも使える旅用のバッグ、という感じか。私の用途にちょうどよさそう。

とはいえ、これも高い。でも長く便利に使えるなら……

Endurance エンデュランス カメラバッグ HG

51 x 30 x 22.5cm、1.86 Kg。

カメラ+その他の荷物、という用途でも使いやすそう。

そんな感じで、考え中。

この記事を書いた人

カズナリ

カズナリ

雑記ブログ「カズログ」の中の人。1971年生まれ。180cm80kg。ブロガー/ひとり社長。ツイッターで捕まえた年が半分の嫁が自慢。好きなことは家族/会社経営/作文/筋トレ/写真/ノート術。